「通天閣 もうカレ~」江崎グリコ株式会社 @通天閣




↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

ぶらぶらです。

今回は、2018年5月9日(水)に通天閣「天望パラダイス」(500円別料金)に登った際に、プレゼントで貰った「通天閣 もうカレ~」です。

天望パラダイス

半年以上、忘却の彼方へ行っていましたが、ふとしたことで思い出し、記事になることになりました。




「もうカレ~DE、もうかル~」

大阪人でも恥ずかしいくらいの、ベタベタ加減です。

裏面。

賞味期限は2020年10月。

余裕ですが、切れるまでに思い出して良かった。

価格は200円(税別)です。

限定販売ということですが、販売する場所が「通天閣内の売店のみ」という場所限定って意味みたいです。

販売者は、江崎グリコ株式会社

通天閣 もうカレー

 江崎グリコ株式会社が製造し、「通天閣」(所在地:大阪市浪速区)の館内売店でしか買えない『通天閣 もうカレー』を、通天閣観光株式会社❝いい福の日❞として語呂が合う2016年11月29日(火)より販売開始いたします。

今年、再建60周年を迎える「通天閣」は、大阪を象徴する施設として年間100万人を超える集客数を誇っています。近年はインバウンドのお客様も多く、来客数が増加傾向にあります。

本製品のパッケージは、大阪を代表するシンボルの「通天閣」と、通天閣に祀られている「ビリケンさん」をデザインし、大阪らしさあふれる土産として魅力的な製品に仕上げました。

また、幸福の神様「ビリケンさん」に祈祷しており、「もうカレ~DEもうかルゥ~」というキャッチコピーで、ビリケンさんのパワーが宿ったレトルトカレーとして、お客様にもお楽しみいただける製品です。

公式より

こういうカレーって、今は多いのかな?

箱から出しました。

裏面。



実食

見た目、ごく普通のレトルトカレーです。

温めずにご飯に掛けたので、僅かながら光熱費が節約になりました

肉は、肉らしくなく、小さなブロック状。

では、頂きます。

普通に美味しいカレーですね。

中辛ですが、全然辛くないです。

まとめ

とりあえず、通天閣とかビリケンさんとか、カレーそのもので表現するのは難しいですよね。

ハブだの、フグだののカレーなら、それにまつわる何らかの具を入れればいい訳ですが、通天閣ビリケンさんでは、パッケージで表現する以外ない感じ。

結果、カレーそのものに特徴はありません。

美味しいことと高くないことが救いですかね。

お土産として貰ったとしても、微妙な感じです。

まぁ、10個20個入ったお菓子のうちの1個を貰うよりは、心がこもっているかもしれない。

そんな感じで、また次回。






スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク