沖縄限定 ハブエキス入り ハブカレー 中辛 @南都酒造所

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

ぶらぶらです。

今回は、去年(2018年)12月3日に、沖縄物産展で売られていた、

「沖縄限定 ハブエキス入り ハブカレー 中辛」

です。

これは食べねばと、即購入。

以前、沖縄のはぶ館へ行ったときに「ハブキャンデー」なるものを買ったことがあります。

あれには、骨の欠片が入っていることがあるかもしれなくて、ちょっと気持ち悪くて自分では一切食べなかったんですよね。

周りの人には食べさせたんだけど。

※美味しかったそうです。

まぁ今回は、そのリベンジ的な意味も無きにしも非ず。

ハブキャンデーを探してたら、全然別のものが見つかりました。

いいネーミングセンスですよね。




改めて、こちらです。

商品の右上を見てみると、何かありますね。

「2014 沖縄南城コレクション 推奨品」?

沖縄にもやっぱりこういうのがあるんですね。

いつもの怪しいヤツ?

かと思いきや、ちゃんと南城市のHPでリストアップされてるじゃないですか。

やっぱり、こうでなきゃいけませんよね。

どこぞの「金賞が100近くある」ヤツや、「主催者側に受賞者のリストすら残っていない」のとはエライ違いです。

物産展では800円で購入しました。

多分、現地価格より相当高いハズ。

オーケーオーケー、分かってますとも。

原材料名を見ると、野菜・果実(玉葱、人参、りんご)、牛肉、小麦粉、食用油脂、砂糖、ハブ酒、カレー粉、食塩、トマトケチャップ、チキンエキス、チャツネ、澱粉、香辛料/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、香料、酸味料(一部に小麦・牛肉・大豆・鶏肉・りんごを含む)とあります。

「ハブエキス」というのは、「ハブ酒」のことのようです。

販売者は「株式会社 南都」とあります。

「おきなわワールド」「大石林山」など、様々な事業をやっているようです。

おきなわワールド 公式PV (2017ver.)

その事業のうちの1つ、「南都酒造所」「ハブカレー」を扱っているようです。

滋養豊富なハーブ風味が人気の『ハブ源酒(35度)』をほどよく配合したカレーです。 ハブ源酒のアルコール成分は加熱工程ですべて気化し、ハブ酒に含まれている「エキス」のみが使用されています
(ハブ肉は入っておりません)

また、通常のレトルトカレーより倍の量を使用した牛肉の動物性エキスと、ハブ源酒に含まれるハブエキスと植物性の13種類のハーブエキスがバランスの良い風味を引き出し口当たりもまろやかなカレーです。

ホルモンのバランスを整えると言われているハブエキス入りのカレーをぜひご賞味ください。 

ここで定価が500円(税抜)であることが判明。

想定内です。

とまぁ、販売している会社は沖縄の会社なのですが、

製造所:ベル食品工業株式会社

    大阪府大阪市鶴見区鶴見1丁目6番117号

大阪産かいな。

わざわざ沖縄まで行って、返ってきたのね。

でもまぁ、ハブ酒は沖縄産なんでしょう。

裏面。

作り方はともかく、下の文章が気になります。

ハブカレー

ハブエキス入り「ハブカレー」が誕生。沖縄から予測不可能な元気を発信!

開発のヒントは八十五歳の老人の言葉、「食べていたさー! 一番旨いハブの最上級ロースを!」ハブは旨味成分が詰まった栄養の塊、1年以上、水だけでも生き続けるという驚きの生命力。ハブエキスは二十年以上の歳月をかけて開発した旨味だけを活かしたハブ酒の原料です。

※注意:このカレーを食べた方へ ハブの捕獲は危険です。

うーん。

本当に申し訳ないんだけど、

マジで意味が読み取れない

別に、いいんですけどね。

雰囲気は何となく、「スッパイマン」に通じるものあるような気がします。

まぁ、作っていくとしますか。

作っていくと言ったって、真ん中の紙をベリッと剥がして、レンジでチンするだけなんですけどね。

ウチのレンジなら600Wですから、1分40秒です。

チンし終わったので、中身を撮影。

要らないと言えば要らない写真。

裏面は、もういいか。



実食

ルーは200gという事で、十分な量がありますね。

匂いには特に違和感を感じません。

では、頂きます。

ふーむ。

美味しいカレー

ですね。

説明文にある通り、まろやかな口当たりです。

口コミにあるようなクセは、全く感じません。

むしろ、あって欲しいくらいです。

ハブのハの字もありません。

ただ、美味しいことだけは確かです。

写真のような牛肉は、結構沢山入っていました。

辛さは中辛ということで、ちょっと辛い程度ですね。

まとめ

美味しいカレーです。

何度でも食べることが出来ます。

ハブ感は皆無ということが残念ではありましたが。

うげ!

何じゃこりゃ!!

となることを期待していましたが、まぁ、そうすると一回こっきりの体験で終わってしまうので、美味しい方がいいですよね。

沖縄に行くことがあれば、現地でまた買いたいと思います。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク