「サーターアンダギー」(有)しろま製菓産業 @オスカードリーム沖縄物産展

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

ぶらぶらです。

「オスカードリーム」沖縄物産展をやっているとの情報をゲットしたので、早速行って来ましたよ。

開催期間は11月27日から12月4日までの8日間。

※と言っても、実際に行ったのはもう1ヵ月も前の2018年12月3日。UPが全然追い付いていませんね。

現地

やって参りました、オスカードリーム1階 アトリウム広場です。

写真のような島が6~7個程ありますから、商品の数はかなりありそうです。

見て行きましょうか。



商品

サーターアンダギー

1つ買います。

ここでは初めて買いますが、大阪でもちょこちょこ売られているので、たまに買いますね。

材料の粉も売られていますね。

麺類

インスタントラーメンインスタント沖縄そば

左には「沖縄そば」「琉球そば」が。

こちらは、「ソーキそば」「八重山そば」

それに「宮古そば」

いろいろ種類はありますが、沖縄そばのバリエーションのようです。

沖縄の味じまんシリーズ

オキハム沖縄の味じまんシリーズ。

ソーキ 525円(ネットショップ330円税込)

てびち 560円(ネットショップ430円税込)

らふてぃ630円(ネットショップ410円税込)

この商品に限らず、何でも割高だと思います。

Amazonで買っても送料が掛かるため、ここ以上に高くなります。

そう考えると、ちょっと食べてみたい程度なら割高で買うのもアリですね。

琉球料理シリーズ

こちらもオキハムのシリーズですね。

中味汁

中味汁は、祝い料理、接待料理の代表的な琉球料理の一つです。丁寧に下ごしらえした豚の中味(豚もつ)にこんにゃく、椎茸を加え、あっさりした味わいのお吸い物に仕上げました。常温で長期保存できるので常備しておくと便利です。沖縄県内だけでなく、本土からの注文も多い、人気のロングセラー商品です。

いなむどぅち

家庭の祝い料理には欠かせない、豚肉を使った上品な味わいの味噌仕立てのおつゆです。昔は、猪の肉を使っていましたが、後に豚肉を使うようになり、似ていることから「いのししもどき」がなまって、「いなむどぅち」になりました(諸説あります)。細切りにした豚肉、椎茸、コンニャク等を煮こみました。別添の味噌を入れてお召上り下さい。

ここには無かったと思いますが、HPにあった「山羊汁」がすごく気になりますね。

山羊料理は、昔から「ヒージャーグスイ(滋養食の高いもの)」として、農村の栄養補給源として珍重されてきました。今でも沖縄の代表的な健康スタミナ料理として、よく食べられています。山羊の肉と骨をぶつ切りにして、じっくりやわらかくなるまで煮こみました。

売ってたら絶対買ってましたね。

HPでも860円(税込)しますから、かなり高いとは思いますが。

てびち汁

こちらは「沖縄ホーメル」の商品。

てびちは、沖縄の方言で豚足のことです。その豚足を長時間煮込むことにより脂肪分を落とし、大根、人参、昆布の出汁をしみ込ませた味わい深い逸品です。肌や関節に良いと言われているコラーゲンを、豊富に含んでいます。
1パック1人前となります。

ちんすこう

こちらは1袋290円ですから、ちょっと食べてみたい向きには丁度良さそうです。

メーカーは「有限会社 南国製菓」

南風堂宮古島の塩を使ったちんすこう

その他、塩チーズとかショコラちんすこう

そういえば、沖縄に行ったときに買ってる同行人が居ましたね。

そのを使った塩水?を飲ませてもらいましたが、「うげっ」ってなった覚えがあります。

同行人は納得して買っていましたから、そういうものなんでしょう。

レトルト

レトルトいろいろ。

これ、買いました。

別の機会にレビューしたいと思います。

オキハムの商品が目立ちます。

黒糖

黒糖いろいろ。

よもぎ黒糖とか欲しかったですが、他にいろいろ買ったので見送り。

右にある、ゆうな物産「つぶ黒糖」はAmazonでやたら評価が高いです。

買えば良かったですね。

「有限会社 わかまつどう製菓」「パイン糖」

パイナップル果汁入り。

ミミガーとか島らっきょうとか

ミミガー豚の耳のようですね。

ミミガー(耳皮)は沖縄料理のひとつで、豚の耳介を使った料理である。

中華料理で「猪耳」と呼ばれているものに相当する。

wikiより

島らっきょう

島らっきょう(しまらっきょう)は、沖縄県独自のラッキョウの品種。本土で栽培される一般のラッキョウに比べると、小型で香味が強い。天ぷらや甘酢漬け、塩漬けなどにして食べられるほか、チャンプルーの具材にも使われる。

wikiより

ピーナッツやドライフルーツ



お茶漬け・ふりかけ

「スッパイマンふりかけ」

スッパイマンとは、上間菓子店のキャラクターらしい。

ついに出ました!

お客さま商品化してほしいアンケートで
いつも上位にある「スッパイマン ふりかけ」ついに新発売☆

スッパイマンの甘酸っぱさを梅かつおで絶妙に仕上げ
ご飯との相性抜群!

間違いない!!

HPより

最後のキメ台詞、「間違いない!!」とか、いい味出してますね。

大好きです。

お茶とか

さんぴん茶(ジャスミン茶の一種)ウコン茶シークワーサーティーグァバ葉ティー

これは缶入りのさんぴん茶

南風堂「自然回帰タンナファークルー

「タンナファクルー」とは、黒糖・小麦粉・卵で作った沖縄の伝統のお菓子の一つです。名前の由来には、「玉那覇さんが作った黒い菓子」が「たんなふぁさんが作ったくるー菓子」と訛り、「タンナファクルー」となったそうです。しっとりとした口あたりと素朴な黒糖風味が漂う一品です。

wikiはこちら

紅いもカリカリ

株式会社ティンミーの商品。

カリントウらしいです。

もずく

もずくそのものや、スープ

調味料など

てな感じで、いろいろ見て来ましたが。

まぁ、物珍しくて見ていて飽きませんね。

でも、こういう所って商品を見て回ったりすると、

「何か買わないと悪いような気が」

するので、見ることすら躊躇われたりするんですよね。

見るに至るまでにハードルがあるので、こんなもの売ってるんだなと、「ふ~ん」くらいでも思って貰えれば。

見たら見たで、欲しいものが沢山あって困るんですけどね。

この沖縄物産店が開いているときには、ちょこっと買い物をして、再び沖縄に行く機会があれば、こまごまと沢山の買い物をしたいと思います。



サーターアンダギー

やっと本題のサーターアンダギーですが。

プレーン黒糖紅いもの味がありました。

メーカーは「(有)しろま製菓産業」です。

プレーンを一袋、買いました。

実食

どう考えても、揚げたてではありませんが、どうですかね。

うむ、

これは、

美味い

ですよ。

外側はサクサク、中はしっとり。

沖縄の道の駅かでなで食べた、サーターアンダギーを思い出します。

美味しかったなぁ、あれ。

なぜか分かりませんが、大阪で食べるサーターアンダギーはイマイチなのが多いです。

近いうちに、大正区に行ってみようかなぁ。

あそこなら、美味しいのあるかも。

※大正区はリトル沖縄です。



写真を載せたいだけのコーナー

沖縄は2016年に行ったことがあります。

1月に行ったので、シーズンは思い切り外していますが(安かったんです)、とても良かったんですよね。

それでまぁ、懐かしさも手伝って、今回行ってみる気になったんですが。

少しだけ、写真載せちゃおうかな。

ホテルムーンビーチ

泊まった「ホテルムーンビーチ」

ここ、良かったですよ。

目の前の海は綺麗だし、食事は美味しいし。

階段下のプールにはそこそこ大きい魚が泳いでいます。

古宇利島

ここの海も綺麗でした。

古宇利大橋

国際通りと第一牧志公設市場

国際通り

どこ行っても観光客だらけ。

例に漏れず、中国人が多いですね。

公設市場に入りました。

島らっきょう他、買いました。

美味しかったです。

値段はちょっと、高めだったかな。

マングローブガザミとか。

スジアラとかハリセンボンとか。

魚介類を扱っているお店には大抵、中国人スタッフがいました。

中国人観光客の接客や、値段交渉をするようでした。

豚ちゃん。

斎場御嶽

セーファーウタキ

浜比嘉島 勝連比嘉

あぐーの店 山城亭

表通りのお店が高かったので、どこかないかと歩き回って見つけたお店。

安くて美味しい。

お勧めです。

確か、アグー豚の鍋か何か。

メニューとか完全に忘れてます。

やっぱり記録しておかないとダメですね。

公式を見てみると、アグー豚しゃぶしゃぶかもしれません。

道の駅 かでな

ここで買ったサーターアンダギーが大きく美味しかったのを覚えています。

知念岬



お気に入りの動画を適当に紹介するコーナー

Best Of Powerful Train Snow Compilation 2018

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク