「ジャンボたこ焼き」&「津ぎょうざ」嬉野パーキングエリア(下り) @三重県松坂市

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

ぶらぶらです。

2018年11月25(日)~26日(月)に行きました、三重県鳥羽市への旅行記事の第15回目です。

嬉野パーキングエリア(下り)

今回はこちら、「嬉野パーキングエリア(下り)」です。

伊勢自動車道の下り側に寄りました。



ジャンボたこ焼き

このパーキングエリアには、当初から寄る予定でした。

その目的はこちらにあります。

「超特大! ジャンボ大たこ焼」

これを食べてみたかったんです。

TVで紹介されたようです。

しかし、この写真やイミテーションでは、大きさが伝わってきませんね。

早速、現物を見てみますか。

はい、こちら。

デカすぎ(笑)

硬球くらいありそう。

1個(360円)だけ、買いましょうかね。

2個だと620円で100円お得ですが、1個で十分です。

ショップ内の食堂で食べることが出来ました。

「お箸も使って下さいね」

ありがとうございます。

実食

テーブルに座って、頂きます。

玉子入りですね。

味は、

美味い

です。

アツアツで、本当に美味しいたこ焼きです。

サイズだけじゃないんだな。

雰囲気的に、お好み焼きみたいですが、味はちゃんとたこ焼きですよ。



津ぎょうざ

ジャンボたこ焼きを食べ終え、食堂を出ようとするときに、ふと横をみると気になるものがありました。

「津ぎょうざ」(210円)です。

津ぎょうざ

学校給食が発祥の津市のご当地グルメ。15cmの餃子の皮を使った大きな揚餃子。
外の皮がカリっとしていて、中身の具がジューシーなのがおいしさの秘密です。
現在では、多くのメディアに取り上げられるなど、ご当地グルメとして津市内外に広く知られるようになり、平成27年10月に青森県十和田市で開催された「B-1グランプリin十和田」では「津ぎょうざ小学校」がブロンズグランプリを受賞しました!

津市役所HPより

この「津ぎょうざ」は、ここで食べる予定ではありませんでしたが、目の前に現れてくれて好都合です。

頂くことにしましょう。

実食

15センチの皮を使っているだけあって、デカいですね。

では、頂きます。

うん、

美味しい

ですね。

具も沢山入っています。



まとめ

美味しいし、具も多いし、ジャンボたこ焼きもあるしで、ここ嬉野パーキングエリアで食べるのが正解かもしれません。

しかも、値段は210円

他のところでは300円でした。

ジャンボたこ焼き(360円)+ 津ぎょうざ(210円)=570円

570円でこれだけ楽しめたら、十分です。

機会があれば、また寄りたいと思います。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク