「おしどり ミルクケーキ」 日本製乳(株)@山形県



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

ぶらぶらです。

量販店で、山形県の銘菓として、「おしどり ミルクケーキ」(wikiはこちら)というお菓子が売られていました。

9本で228円+税ということで、結構高い。

しかしまぁ、山形まで行かなくても食べれるんだからと買います。

そんなこと言ったら、海外のお菓子なんかどうなるんだという話もありますが。

この、228円+税ですが、

公式の販売ページの216円(税込)より高いですね。

「セブ島 ドライマンゴー」と同じように、希望小売価格だから、なんだろうな。

ここの量販店は、安いものは安いけど、こんな感じで全然安くないものも多いです。

まぁ、いろいろな商品があるので、有難いですが。




閑話休題。

こういう、素朴なと言うか、昭和感のあるパッケージデザインは好きです。

「本品は牛乳を母として作り上げたやさしいミルク菓子です。乳由来のカルシウムが豊富に含まれます。「食べる牛乳」としてお勧めします。」

製造者は、「日本製乳(株)」(wikiはこちら)。

森永乳業の子会社のようです。


山形県かぁ、遠いなぁ。

なぜ、「おしどり」なのかですが、

おしどりの名前には、生産者と販売者がおしどりのように仲良く力を合わせ、「日本の新しい食文化をつくる」との願いが込められています。

という理由のようです。

全て袋から出してみました。

9本ですから、1本24円です。

やっぱりちょっと高いですかね。



実食

では、頂いてみます。

噛んでみると、

ふわっ

でもなく、

サクッ

とでもない歯応えがします。

イメージと違い、かなり固い、

カキッ!

パリッ!

ガリガリ

ジャリジャリ

という歯応え。

そして溶けて行きます。

味は、紛れもない、

ミルクセーキ

ですね。

食べるミルクセーキ。

美味しい

と思います。

美味しいですから食べて良かったとは思いますが、やっぱりちょっと高いかなぁ。

山形だけ、物価が高いのかなぁ

とか、思ったり思わなかったり。

一度は食べてみてもいいんじゃないですか。

味のバリエーションも沢山あるようです。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク