「あんぽ柿」驚きの渋さ @山梨県産



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

ぶらぶらです。

近所のスーパーで「あんぽ柿」が売られていたので、買ってみました。

「あんぽ柿」は、普通に干しただけの干し柿とは製法が違い、渋柿を硫黄で燻蒸して乾燥させて作るそうですね。

「あんぽ柿」は結構高いのですが、今回見掛けたものは1パック198円と激安だったんです。

5個入りですから、1個40円程ですか。

安いなぁ。

製造者のところは個人名が出ていたので、流石に修正。




開けました。

美味しそうですよね。

裏返した状態。



実食

では、頂きます。

とても柔らかく、トロッとした羊羹のような感じです。

もちろん、甘味もあります。

が、

むちゃくちゃ渋い!

口の中が、ゴワゴワ、ザラザラになりました。

うーむ、何なんだ、これは。

食べれるレベルじゃない。

甘さと渋さが同居しています。

渋みがなければ、それなりに美味しいと思いますが。

どういうことなんだろう?

渋いから、アウトレットみたいに激安で流れてきたとか?

食べれるレベルではないですが、なんとか家族にも手伝ってもらって5個全て食べました。

5個全てが渋かったですね。



まとめ

まぁ、どうなんですかね。

別に、スーパーとか、生産者に文句を言うつもりはありませんが、なぜこうなったのかの理由には興味がありますね。

普通ならリピートはありませんが、確認のためにまた買ってみるのもアリかなと思ったり。

他の種類や産地のあんぽ柿も、食べてみようと思いましたね。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク