燃えよ 麺助 訪問3回目「味玉金色貝そば」@大阪市福島区




↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

ぶらぶらです。

今回、2018年11月6日(火)に、大阪市福島区にあります、「燃えよ 麺助」へ行って来ましたよ。

約一年振りの訪問です。

初回(特製紀州鴨そば)と2回目の訪問(松風地どりのスープ)の記事はこちら

アクセス

JR環状線 福島駅、JR東西線 新福島駅、阪神本線 福島駅より徒歩スグ。

駐車場はありません。

営業時間 火~土 11:30~15:00

         18:00~21:00

    日曜日  11:30~16:00

定休日 月曜日(祭日も)

休みはフェイスブックの公式で告知されているので、そちらで確認されると確実です。



現地

時間は12時半頃。

行列は前に12人です。

行列の下の地面に点線の枠がありますが、これより内側に並ばないといけません。

近隣の迷惑になるからだと思われます。

この枠内に収まらない場合は、写真の画面外後方のなにわ筋沿いに、新たに行列が作られます。

並んでいると前からメニューが回ってきます。

初回に食べた「特製紀州鴨そば(全部増し+紀州鴨もも肉入り)」(1150円)がとても美味しかったので、今回も手堅くそれを頼みたいところですが、今回は「味玉金色貝そば」(880円)にします。

店員さんに聞いてみると、一番出ているのは「紀州鴨そば」ですが、常連は「金色貝そば」を頼む人が多いそうです。

「金色貝そば」は、貝の風味が表に出た、すまし汁のようなあっさりしたスープだそうです。

楽しみですね。

因みに、2回目の訪問の再に食べた、「松風地どり」スープのメニューは、あの日一日限りですから、もちろん今回はありません。

たった一日限りの企画なのに、偶然よく食べれたものだと思います。

行列は意外と流れが速いですね。

15分程で店内に入れました。



入店

入店しても、すぐに席に着ける訳ではなく、中でさらに4名の行列の一人になります。

そのタイミングで、食券を買いますよ。

「金色貝そば」を買いますよ。

おや、あれは何だろう?

昔話?

どうも、「まんが日本昔ばなし」に出てくるような、山盛りのご飯のようですね。

店内の様子。

ラーメン屋っぽくはないかな。

席はカウンターのみ。

店内の行列に並んでから、5分も待たずに席に着けました。

早く来ないかなぁ。

さぁ、「味玉金色貝そば」が来ましたよ。

シンプルで、美しいラーメン

ラーメンを美しいと思うなんて、珍しい体験です。

美味しそうです。

では、頂きます。

まずはスープから。

ふぅむ。

確かにあっさりしていますね。

貝の風味は、ガツンという程ではないですが、しっかりあります。

美味しい

と思います。

ですが、個人的には物足りないかな。

「紀州鴨そば」の方が、ずっと好みですね。

チャーシューは、柔らかくて美味しいです。

は普通。

味玉も普通。

大きくて立派なシナチクは美味しいです。



まとめ

あくまで個人的にですが、「紀州鴨そば」が好みの味ですので、次回以降訪問することがあれば、こちらを頂きましょうかね。

他府県から来ていて、次いつ来れるか分からないという人にも、「紀州鴨そば」を勧めたいと思います。

そうは言っても、結局は好みですから、好きな方でいいですか。

そんな感じで、また次回。






スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク