自家製麺 醤油ラーメン 丸醤屋 住之江店



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今回、2018年8月24日(金)に住之江区は住吉公園のすぐ近くにあります、自家製麺 醤油ラーメン 丸醤屋 住之江店へ行って来ましたよ。

「讃岐釜揚うどん 丸亀製麺」と同じ、「株式会社トリドールホールディングス」が経営するお店のようです。

「期間限定 丸醤ブラック」の記事はこちらでお願いします。

アクセス

電車

一番近いのは南海本線の住吉大社駅ですね。

6分程ですか。

次に近いのは阪堺電軌鉄道の阪堺線・上町線の住吉駅。


7分程と、あまり変わりません。

地下鉄玉出も徒歩圏内ではあります。

エンジョイエコカードを使用しているなら、大阪シティバスの「地下鉄住之江公園」行きに乗り、「住吉公園」停留所で降りればいいですね。

若干行き過ぎますが。
系統は3系統が来ますが、どれに乗っても大丈夫です。

乗り場は玉出駅の3番出口を出たところにありますよ。

駐車場

結構広い駐車場があります。

暗がりになっていますが、奥もそうです。

営業時間等

住所 大阪府大阪市住之江区粉浜西3-3-2

営業時間 11:00~2:00

ラストオーダー 1:30

無休



現地

はい、こちら。

時間は22:30頃。

店内。

退店時の撮影です。

入店時には+10名程いましたね。

カウンター上。



メニュー

枚数多いですよ。

特製のワンタン餡には豚肉の旨みと野菜の旨みがたっぷり!

店舗で包むワンタンは鮮度が違います。

ワンタン(雲吞)の名前の由来にはいろいろな説があるようです。

スープに浮かぶワンタンが雲に浮かんでいるように見えたので「雲」、それを飲むと幸運が訪れるということから「呑」、それで「ワンタン」といわれています。

とりあえず、初回は基本的なメニューで行きたいですね。

今回はこの、「肉ワンタン麺」のワンタン5個(810円税込)で行こうかな。

これも気にはなるんですけどね。

ミックスだと二度おいしい。

一番基本の「醤油ラーメン」税込み673円

安い。

「肉味噌野菜ラーメン」(853円税込)もいいなぁ。

W餃子ライスセット490円(529円税込)、安い。

肉ワンタンスープ定食(麺なし)

これもいいですね。

全体的に、価格は抑えめですね。

単品ワンタン皿。

軽く飲みに来てもいいかも。

丼なども。

アルコール類。

単品ワンタン皿、しっかり下に載ってますね。

ソフトドリンクお子様ランチというか、ラーメン

デザートとおもちゃが付いて、税込み490円。

良くない?



「海老味噌ワンタン麺」

これ、美味しそう。

また来ねば・・・。

「冷やし中華」(745円税込)

冷やし中華だと、とたんに高く感じるのは何故なんだろ?

今年は食べてませんが、もういいかな。

「平日限定 夜のオススメメニュー 17時~」

さんざん「A」にしようか悩みましたが、お腹いっぱいになるので止めました。

「平日限定 夜のオススメメニュー 17時~」の醤油ラーメン版。

そして、こちら

なんだって!?

半額!?

これは、覚えておかねば。

というか、今日は8月24日(金)で半額の日でしたが、機械的にメニューを撮影していたので、気が付きませんでした・・・。

家で店内写真を見た時に気付いたものもあります。

これです。

結構気が付かないものです。

これも覚えておきたいですね。



実食

さぁ来ました。

「肉ワンタン麺」の5個です。

チャーシューではなく、ワンタンで表面がいっぱいというのも、いいものですね。

では、頂きます。

もちろん、スープから頂きますよ。

どうかな?

うむ。

文句なく、美味い!

美味いなぁ。

実はここ、お店の前を数え切れないくらい通ってはいたんですが、何故か入る気にならなくてスルーしてたんですよね。

もっと早くに入れば良かったです。

ワンタンは、

そこそこ美味しい

ですね。

は、普通に美味しいです。

完食。

いや、満足です。

ここは、通わなければ。

この丸醤屋は、北海道から愛媛まで11店舗ありますが、大阪にはここ住之江にしかありません。

11店舗のうちの1店舗が私の生活圏にあるなんて、なんて幸運なんでしょう。

神様、ありがとうございます。

※無神論者ですが。



お気に入りの動画を適当に紹介するコーナー

A-Teens – The ABBA Generation

そんな感じで、また次回。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク