セブ島 ドライマンゴー @株式会社 オーバーシーズ



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今回は、量販店で見掛けたドライフルーツ、「セブ島 ドライマンゴー」を食べてみましたよ。




ドライマンゴーって、セブ島のお土産としては定番らしいですね。

NET WEIGHT(賞味重量):100g

輸入者は、株式会社 オーバーシーズ

こちらの会社の、この商品のページを見て気が付いたんですが、

希望小売価格が350円

になっています。

私が買った値段は

398円(税抜)

です。

!?

高くなってる!?

どゆこと!?

・・・う~~む。

どうもですね、調べてみると、

希望小売価格っちゅーのは、あくまでメーカーの希望であって、いくらで販売するかは小売店の判断

らしいですわ。

そうだったのか・・・。



しかし、

量販店で売られているから、安くなっているはず

と、思い込んでいましたね。

もしかして、

量販店の狙い通り

だったりして。

まとめ

無知は罪

希望小売価格は要注意

いや、違う違う。

なんの話やねん。

マンゴー食べなあかんやんか。



実食

はい、こちら。

全量を出しました。

量的には前回の「ソフトマンゴスライス」の半分です。

見た目はこちらの方が綺麗ですね。

原材料はマンゴー砂糖酸化防止剤(二酸化硫黄)3種類

ソフトマンゴスライスの方はマンゴ砂糖マンゴーピューレ酸味料(クエン酸)保存料(亜流酸塩)5種類

原材料の種類が少ない方が、何だかいいような気がしないでもないですが、よく分かりません。

あと、二酸化硫黄亜流酸塩は同じもののようです。

で、味の方ですが。

美味しい

です。

「ソフトマンゴスライス」と同じくらい美味しいですね。

違いは舌ざわりが滑らかなことですかね。

どっちも美味しいけど、ふたつ並んでいたら、単価の安い「ソフトマンゴスライス」を買いますね。

人にあげるなら(お土産でもないのに、そんなことがあるかは別として)、「セブ島 ドライマンゴー」ですね。



お気に入りの動画を適当に紹介するコーナー


Footloose – Kenny Loggins

そんな感じで、また次回。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク