神仙夜市 ビアガーデン 食べ放題 & 飲み放題 @大阪駅前第一ビル 屋上



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今回、2018年7月16日()に大阪駅前第一ビルの屋上で「神仙閣」が開催しています、「神仙夜市」ビアガーデンへ行って来ましたよ。

アクセス

  • 大阪市営地下鉄御堂筋線「梅田駅」より徒歩約5分
  • 大阪市営地下鉄谷町線「東梅田駅」より徒歩約5分
  • 大阪市営地下鉄四ツ橋線「西梅田駅」より徒歩約1分
  • JR東西線「北新地駅」より徒歩約1分
  • JR各線「大阪駅」より徒歩約4分
  • 阪神各線「梅田駅」より徒歩約3分
  • 阪急各線「梅田駅」より徒歩約8分

移動

明石海峡大橋の見学「ブリッジワールド」と、「魚の棚商店街」へ行ってからの訪問です。

ホントはもう一件寄り道したのですが、イマイチでしたからスルーします。

で、明石駅から移動する訳ですが、電車の遅延が発生しているようです。

理由は、

気温の上昇に伴うレール温度の上昇による影響により

京阪神地区では、遅れや運転取り止めがでている線区があ・・・

遅延の原因は線路の確認のようです。

こんなことって、あるんですねぇ。

この時期でこれじゃあ、8月が思いやられますね。

それでも、遅延しているだけなので、問題なく移動出来ました。




現地

17時前着。

開始まで30分あります。

今はまだ、そんなに人は多くありません。

とりあえずチケットを買うために、幹事に代金を渡します。

「雨天中止時の払い戻しはしておりません」

前売りを買うのは結構リスキーかも。

開始前の会場

暇なので、会場の写真でも撮りますか。

明るくて人も居ませんから、分かり易いこともあるでしょう。

ほぼ、会場の端からの撮影。

かなり広いです。

生ビールは各社のものが揃っていますね。

黒ビールもありました。

ハイボールその他はこちら。

使ってないけど、氷ですかね。

ソフトドリンク。

会場から見える「大阪マルビル」




メニュー

この時間、既に並んでいるメニューです。

麻婆豆腐

チャーハン

食べてないですが、何かの玉子焼き

デザート類。

エビ・豚・鳥・魚の料理

からあげ・春巻き・ポテト

春巻き

麻婆豆腐は2ヵ所にありました。

野菜類

白いのは何か全く見ていませんでした。

豆腐ですかね?

こちらはバーベキュー用。




開始

時間直前になりました。

人が増えましたね。

一緒に来た人に聞くと、これでも以前よりずっと少ないそうです。

さぁ、開始です。

まずは券をグラスと引き換えますよ。

こちらがグラス。

ビールを注いで~。

カンパーイ!

とか、しませんでしたね、この時は。

なんでだろ。

そのまま始まってました。

トラブル発生

コンロの調子が悪く、火力が最大になるか、消えてしまうかにしかなりません。

いろいろ試した末、コンロを交換することに。

それでようやく、まともに使えるようになりました。




ふ~、ようやく落ち着いて飲めますね。

会場の様子。

バーベキューはどうかな。

無くても良かったかもしれませんが、まぁ、雰囲気ですかね。

肉を焼いたりする作業が地味に場を繋ぐというか。

手前のジョッキのビールは色が変です。

普通のと黒ビールをブレンドしているらしいですが、美味しいのかな?

時間が経って会場も暗くなり、雰囲気が出てきました。




あとから出てきたメニュー

以下は一切食べていません。

既に満腹です。

とても残念です。

肉まん

焼売

チキンを丸ごとのやつかな?

美味そうです。

叉焼

スイカ

数量限定、北京ダック

人数分はあるけど、追加はない模様。

争奪戦でした。

どのみち満腹ですから食べられませんが、よく考えたら北京ダック食べたことありませんでした

無理してでも食べておくんだった

と、大後悔。




まとめ

まぁ、こんな感じだった訳ですが。

4300円

バーベキュー無しなら3800円

元が取れるかどうかは・・・胃袋のサイズによりますかね。

屋外で暑いですから、

「ビアホールの方が良かった」

という声も正直ありました。

いいんじゃないですかね。

年に一回、あるかどうかだと思いますし、たまには空を見ながらというのも。

いつもと違う雰囲気というのは大事だと思います。

来年も、ここかどうかはわかりませんが、ビアガーデンには行くと思います。

お気に入りの動画を適当に紹介するコーナー

JITTERIN’JINN プレゼント

そんな感じで、また次回。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク