地蔵浜 みなとマルシェ 大阪府鰮巾着網漁業協同組合 @岸和田



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

田尻漁業協同組合 日曜朝市こちら

岡田浦漁港 日曜朝市こちら

泉佐野漁業協同組合 青空市場こちら

木津卸売市場・木津の朝市こちら

鶴橋 鮮魚卸売市場こちら

黒門市場 異次元の価格に度肝を抜かれた話こちら

昼の堺魚市場こちら

はい、こんにちは。

今回、2018年7月1日(日)に、毎週日曜日に「大阪府鰮巾着網漁業協同組合」が開催しています「地蔵浜 みなとマルシェ」へ行って来ましたよ。

クーラーボックスに保冷剤を入れて持参です。

アクセス


こちらへ行くには、になりますかね。

高速で行くか、一般道で行くか。

高速で行くなら阪神高速4号湾岸線 岸和田南出口を出て、

信号を直進し、すぐ右折するだけです。

簡単ですね。

一般道ですと、府道29号線 臨海線でしたら、

こちらの「地蔵浜北」の交差点を右折し、またすぐ右折するだけです。



私の場合は、国道170号線、通称外環状線から行きます。

滝畑付近。

ひたすら直進すると、画像の看板が見えてきます。

岸和田港の表記がありますね。

この、「土生滝」の交差点を右折し、府道39号線に入ります。

府道39号線

この道を突き当りまで進みます。

突き当たると、府道29号線 臨海線になります。

「大北町北」の交差点です。

ここを左折しますよ。

左折して二つ目の交差点です。

こちらの「地蔵浜北」の交差点を右折し、またすぐ右折するだけです。



駐車場

到着です。

この写真の右画面外や、船の向こうにある会場付近に駐車場があります。

正面奥はファミリーマートの駐車場と思われますので、注意しましょう。

白い屋根の建物が会場です。

車が並んでいますね。

こちらと、

上の写真の左側。

こちらも駐車場です。

一番メインになるっぽい駐車場。

見えにくいですが、左に会場があります。

営業時間

日曜日の9:00~15:00

7月のイベントの予定

みなとマルシェ自体は毎週やっていると思います。

トイレはほんの少し離れたところ、

「大阪府鰮巾着網漁業協同組合」の事務所横にあります。

こちらですね。

まだ時間が早過ぎるためか、鍵が掛かっていました。



泉州海鮮 きんちゃく家

まだ開場まで1時間ほどあります。

「泉州海鮮 きんちゃく家」で朝食を頂きますか。

営業時間は、

早朝5時から14時。

木・金・土曜日は夜営業 (17時半~22時)もあります。

定休日は水曜日です。

11:00 ~ 14:00は禁煙です。

土日祝は終日禁煙。

きんちゃく家。

※退店時の画像です。

席は空いているのですが、捌き切れないためか、表で待つことになっています。

入店

時間は8時過ぎ。

半分ほど席が埋まっています。

入口付近のテーブルに座ります。

テーブル上。

何を頼むかは決めて来ていますから、すぐに「生しらすと釜揚げのハーフ丼」(800円税別)を注文します。

メニュー

生しらす丼(800円税別)

ありますね。

最初はこれにしようかと考えていましたが、好みの味でない場合も考えられるので、ハーフ丼にしておきました。

生しらす自体を外す訳にはいきませんしね。

あ~、貝汁(350円)魚荒汁(250円)を頼んでも良かったかな~。

アルコールもありますね。

私は車以外で来ることは無いでしょうから、飲むことはないかな。



実食

さぁ、ハーフ丼が来ましたよ。

みそ汁付いてたんですね。

貝汁頼まなくて良かったですね(笑)

みそ汁がこぼれているのは、肘が当たってしまったからです。

左が生しらす、右が釜揚げですね。

拡大。

さて、頂きます。

まず、生しらす。

うーむ、、、

美味しいと感じない

まぁ、体験できて良かったパターンかな。

では、釜揚げの方は。

うむ。

美味い

美味いじゃないですか。

塩味が効いててサイコーです。

ハーフ丼という、保険を掛けておいて良かったです。

他、店内いろいろ。

おかずその他

「プレミアムしらすふりかけ」

「わかめ佃煮」

など。

お持ち帰りしらす類。

お店の奥の方。

お会計を済ませ、店外へ出ます。

なんだっけ、顔だすやつ。

これは無理やり過ぎかな。

せめて人面魚にするとか。



みなとマルシェ現地

まだ開場まで15分ほどあります。

早く来すぎましたね。

15分前になったので、各店舗前を掃除するようにと放送が流れます。

開場

ようやく開場です。

ある程度回るところは決めています。

まずはこちら。

「恭兵丸水産」

こちらの「ハモスティック」が目当てです。

目当てと言っても、「ハモスティック」がどんなものなのか、値段は幾らなのか分かっていないんですけどね。

名前だけで来ました。

その正体はこれです。

物も値段も大きく予想を外してきました。

棒にハモをぐるぐる巻いて焼かれているのを想像していました。

値段は数百円~1000円くらいで。

実物はハモカワのフライで、値段は100円でした。

予想とは違いましたが、せっかくですから買ってみます。

味は・・・・

バリウマ!!

これ、マジで美味いですわ。

難波とかなら最低300円は取れそうです。

あまりに美味しかったので、お土産に3個追加で買ってしまいました。

うーむ、一発目から当たりを引きましたね。

幸先いいですよ。



次はこちら。

「キングサーディン」

こちらで一日30食限定の「いわしバーガー」(400円)を食べます。

あれ?

壁のポスター。

このおっちゃん、見覚えありますね。

「大阪府鰮巾着網漁業協同組合」代表理事組合長じゃないですか。

CD出してたんだ。

内容紹介

【プロフィール】
出身地:大阪府岸和田市/誕生日:4月17日/星座:牡羊座/血液型:B型/趣味:旅行、ゴルフ
好きな食べ物:寿司
2012年7月クラウンレコードより「茅渟の海/いつも ありがとう…」でデビュー
2012年9月大阪新歌舞伎座にて「鳥羽一郎コンサート」にゲスト出演
2013年11月「韓日文化交流会 IN 泉州」に出演
2014年2月「岸和田歌謡祭」に出演
2016年6月大阪府漁業協同組合連合会、代表理事会長に就任
海難遺児チャリティー活動を24年間サポートし、現在に至る

【収録楽曲】
(1) 海の叩き上げ (作詩:大野 佑起/作曲:岡千秋/編曲:南郷達也) (2) 野良の風詩 (作詩:RIE/作曲:岡千秋/編曲:南郷達也) (3) 海の叩き上げ [オリジナル・カラオケ] (4) 野良の風詩 [オリジナル・カラオケ]

メディア掲載レビューほか

大野佑起作詞/岡千秋作曲によるシングル。C/Wには「野良の風詩」を収録。 (C)RS

「野良の風詩」ですか。

現地に来ると色々発見があって楽しいですね。

Amazonのリンク先で視聴も出来ます。

良かったらどうぞ。

閑話休題。

「いわしバーガー」が来ましたよ。

なかなか食べ応えが有りそうです。

では、頂きます。

いわしのミンチカツですね。

しっかりといわしの風味がありますが、生臭いとかは全くありません。

美味しい

です。

味や匂い以外でいわしの名残としては、たまに柔らかい小骨が出てくることですかね。

問題ありません。

むしろ身体に良さそうです。

「ハモスティック」に続いて「いわしバーガー」も当たりでしたね。

調子いいですよ。



次はこちら、

「鮮魚コーナー」

こちらで「いわしの煮付け」を買います。

が、今日はやっていないとのこと。

がびーん。

これも当たりだったかもしれないのに。

やっていないものは仕方ないですね。

魚でも見ますか。

船が生け簀に。

値段は安いように思うんですけどね。

まぁ、今回の目当てはいわしです。

「わざわざここまでいわしを」

って、思うかもしれませんが、出掛ける楽しみというものがあります。

一盛100円。

安いです。

5つ貰いましょう。

それから、エビも見ますか。

これです。

小さい方のエビは何て言ってたかな。

「ジャコ」とか言ってたかな・・・忘れました。

大きい方のエビは「トビアラ」と言っていましたね。

「サルエビ」のことのようです。

非常に美味のようです。

これも一つ貰います。

「トビアラ(サルエビ)」

自宅にて撮影。

※追記

素揚げにされたトビアラの一部。

イワシの天ぷらを大量に揚げた後の油を使用したため、あまり美しくないです。

ミヤコボラ

安いけど、面倒だし、また失敗したらヤだからパスしよう。

タイとかウマヅラハギとか。

安いですね。

こっちは2匹500円なり。

魚はもういいですかね。



最後は、

ここでアイスクリームでも買いましょう。

「ブルーシール」

沖縄で食べて以来です。

最近、難波でも見かけたような。

ここには画像のようなカップのものがあるだけのようです。

買ったのは「ピスタチオ」(350円)

美味しかったですが、ピスタチオの味かどうかは分かりませんでした。



大量のいわし

片方のボールに5~60尾入っています。

計、100~120尾が500円です。

半分が天ぷらとなり、晩御飯で頂きました。

写真は天ぷらのごく一部です。

美味かったです。



まとめ

田尻漁港岡田浦漁港のような朝市をイメージしていました。

行ってみるとそのような要素は少なく、フードコート的な要素が強かったですね。

もちろん漁港ですし、出店しているお店もそっち寄りですから、デパートなんかのフードコートとは違う内容を楽しめます。

バーベキューコーナーもあります。

すぐに帰ってしまい観ていませんがイベントもあるので、それを観れば今回のブログの内容よりは賑やかだと思われます。

イベントが行われるステージ。

時間が早過ぎて誰もいません。

現地で食べたもの、買ったものが全て美味しかったので、個人的にかなり好印象です。

「鮮魚を買って帰る」

だけではなく、

「現地で美味しいものを食べる」

がメインなら、ここは選択肢に十分入るんじゃないでしょうか。

お勧めです。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク