花と緑と自然の情報センター @長居公園



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今回、2018年5月3日(木)憲法記念日に大阪は長居公園にあります、「花と緑と自然の情報センター」へ行って来ましたよ。

行っては来ましたが、しばらくお蔵入りしてました。

全体的に間違いなく面白いんだけど、目玉がないというか、盛り上がりに欠けるというか。



で、どうしようかと思っていたんですけどね。

先日(2018年6月18日)の地震があったじゃないですか。

死亡者が出たり、交通が麻痺したりしましたね。

あぁいうのがあると、ここの資料は参考になると思うんですよね。

地震とか、津波とか、洪水とか、災害に関してね。

大阪に今住んでたり、これから住もうと思う人や、家を買おうとする人には有益なんじゃないかなと思います。

地質なんかはモロそんな感じですが、植物や生物も見る人が見れば、あれはどんなところに生える植物で、あれはどんなところに生息している動物だ、みたいなことも分って実生活に役立てているかもしれませんね。

ほぼ全ての資料の写真を撮りましたが、全部を載せるのはやってはいけないことでしょうから、一部のみの掲載になります。

気になる方は是非、現地を訪ねて下さい。

あと、私のコメントも少な目です。

余計なコメントより、写真をみるだけで普通に面白いと思います。



アクセス

電車とバス

OsakaMetro 長居駅下車。

大阪シティバス 4号系統 長居東停留所下車。

地下鉄からは3番出口が一番近い出口になりますね。

エンジョイエコカードを持っているなら、大阪シティバスへ無料で乗り継ぎが出来ます。

博物館へ歩く距離が短くなりますね。

A乗り場から4号系統に乗りましょう。

降りるバス停は、長居東です。

地下鉄長居から乗って、2つ目のバス停です。

エンジョイエコカード

私はこの「エンジョイエコカード」を購入して行きました。

地下鉄全線・ニュートラム、大阪シティバスも乗り放題ですからね。

大阪シティバスは元の市バスの路線に限りますけどね。

イケアとかUSJの路線には使えません。

土日祝日用は600円、平日用は800円です。

子供用は土日祝用も平日用も300円です。

駐車場

長居公園には駐車場が3か所あります。

一番近いのはタイムズ長居公園南ですね。

ここも含めて、土日祝及び特定日は最大料金2000円です。

結構高いです。

しかも夜中は入出庫出来なかったりで不便です。

周辺に割安なところもありますが、停めれる台数が少ないんですよね。

※ここのコインパーキングは24時を過ぎると時間料金が追加されます。



現地

さて、参りますか。

見取り図。

一番左が入口です。

学習コーナー。

なにやら学ぶことが出来るようです。

そう言えばこれ、触ったことないですね。

面白いのかな?

ネイチャースクエア 大阪の自然誌

こちらが今回の本当の入口です。

内容はこの様になっております。

大阪の自然誌ですから、自然のことばかりです。

外来種とか里山みたいな、どうしても人との関わりがあるものもありますが。

「平野や丘陵と山地の間には活断層があり」

※参考 大阪府の主要活断層帯

金剛ー生駒山地とか出てますが、大阪の人でもほとんど分かんないんじゃないですかね。

景色を見ながら、「あれが金剛山」とか言える人、1割もいるかな?

まぁ、かつては自分も分からなかったんですけどね。

大阪に住んでいながら、山の名前も、川も、木も、鳥も、何にも分かんなくて。

「私ってほんと、何も知らないんだなぁ」

と、つくづく思ったことがありました。

今も、大して知りませんが。



こういうマップは自分で作ると無茶苦茶楽しそうです。



大阪平野は元々は湿地だったそうな。

「深いところ(青色の濃いところ)ほど、やわらかい難波累層が厚くたまっている」

怖いでんな~。

上町大地より山手だから大丈夫とは限らないんだな。



軟弱地盤

大阪平野は地震に弱そうです。

上町台地の周辺には、特に坂が多いですね。

当たり前か。



自然観察地図一覧。

各コーナーに掲示されていたものの縮小版が集められています。

こんなの大好きです。

大阪ではありませんが、和歌山でアライグマを、兵庫県でヌートリアを見たことがありますね。

剥製、そのた標本類。







おみやげ

魅力的なものが沢山ありました。

欲しいもの全部買ってたら、万超えはスグですね。



まとめ

こんな感じでした。

いろいろ、土地のことが分かって、面白かったり、考えさせられたり。

先日、地震がありましたから尚更です。

自分がいる足元、本当の物理的な足元、のことも知っておいてもいいかなって思います。

自分で調べずとも、しっかり纏めてくれているこんないいところがあります。

行かないと勿体ないですね。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク