スポンサーリンク

天日塩らーめん べらしお 三国ヶ丘店

スポンサーリンク

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

今回は、2018年6月8日(金)に堺市堺区にあります、「天日塩らーめん べらしお 三国ヶ丘店」へ行って来ましたよ。

以前、三国ヶ丘店ではなくて、中百舌鳥店へは2年くらい前に行っています。

その時にすっごい美味しいと思ったんですよね。

ただ、直前まで飲んでいてベロベロの状態でしたし、お酒の後のラーメンって、美味しく感じるじゃないですか。

ですから、もう一度行って確認したかったんです。



アクセス


JR阪和線・南海高野線の三国ヶ丘駅から徒歩スグですね。

1分掛かりません。

三国ヶ丘駅。

左にミスタードーナツが見えますね。

そこを右へ曲がればミスタードーナツの隣にお店があります。

駐車場

車の場合は駐車場が近隣のコインパーキングになります。

大体日中は60分200円でしたね。

※追記

近くに安い駐車場を見つけました。

日中、30分以内に出れば、100円で済みます。


駐車場の前の道路は一方通行です。

お店から見たら逆走になるので、両サイドの道あたりから回って行く必要があります。

営業時間等

営業時間等は現地で確認していませんでした。

他所のを引っ張ってくると、

11:00 ~ 1:00の営業時間で日曜定休

とか

定休日なしで日曜日のみ0:00閉店

みたいなバージョンがありました。



現地

裏通りとまでは行かないですが、表通りからは見えにくいですね。

店頭に掲示されたメニュー。

写真付きで全メニューが見れるのはすごく嬉しいです。

入店

それでは入店するとしますか。

時刻は15時半頃です。

カウンターのみの店内。

座席は10ほどですが、端の方は荷物が置かれていたり。

かなり狭いです。

座っている人の後ろを通って向こうの席へ行く気にはなれません。

先客は若い男性が3名でした。



メニュー

そそられるメニューが多いですね。

三国ヶ丘店限定のメニューも結構あります。

【平日限定!お昼のセット(11時~16時)】

御覧の通りですが、

時間と曜日が被ればご飯が無料、しかも大盛りでも無料になるようです。

ということで、「あぶりちゃーしゅーめん(950円)」の塩に+150円で「煮豚丼」を注文しました。

計1,100円ナリ。




ドリンクはこんな感じです。

こんなのもありました。

これもここ限定ですね。

これも美味そうです。

カウンター上。

※一品その他のメニューもあるかもしれません。

次回、また撮って来ます。

※※撮って来ました。



実食

さぁ、「あぶりちゃーしゅーめん(950円)」塩味が来ましたよ。

いつもの通り、スープから。

レンゲで掬って飲みますよ。

「・・・・」

美味いだ

美味いと感じた直後に、口の中に旨味がフワッと広がる感じがします。

これはヒットですね。

先日行った「にんにくラーメン 一力」といい、ヒットが続きますね。

チャーシューも厚みがあって、柔らかく美味しいです。

麺は、

細麺でしたが、味は特に可もなく不可もなくって感じですかね。

と思ったんですが、

この水菜ですね。

これと麺を同時に食べると、美味さが激増したんですよね。

何なんだこのマジックは。

よく分かりませんが、体感としてはそうでした。

とにかく、全体としてこれまで食べたラーメンの中では指折りの旨さですね。




続いて煮豚丼です。

これも美味かったですね。

写真では分かり難いですが、ちゃんとタレが掛かっています。

若干私には濃い味ですが、ほとんどの人は美味しいと思うんじゃないでしょうか。

平日のオープンから16時までの限定ですが、+150円でこの丼が食べれるんです。

150円と言ったらあなた、ライスの値段ですよ。

食べないと損とすら言えそうです。

ラーメンも、もちろん煮豚丼も完食です。



まとめ

いやー、満足っすわ。

スープを飲んだときの、あの「フワッと」口に広がる旨味がたまりません。

基本は塩味と醤油味ですが、他の味やつけ麺もありますし、トッピングもいろいろあって、全部食べてみたくなりますね。

丼も美味くて種類もありますし、さらに店舗限定メニューまであって、

「こりゃーちょっと通わなきゃなー」

って気になりますね。

マジ、お勧めっすよ。

そんな感じで、また次回。

BTC投げ銭用アドレスはこちら。

3DV1rWAN6XN3Yp7n61K7tJAPx5kyxG9Yuq

ブラブラの費用とさせて頂きます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク