スポンサーリンク

天然たいやき! 鳴門鯛焼本舗 千日前相合橋店

スポンサーリンク

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今回、2018年5月26日(土)に、天然たいやき! 鳴門鯛焼本舗 千日前相合橋店」へ行って来ましたよ。

この近くには、道頓堀通りや、台湾タンパオ黒門市場島之内法善寺横丁神座上方浮世絵館浮世小路だし道楽の自動販売機まぐろや黒銀、などがあります。

アクセス


カテゴリーは難波にしてありますが、近いのは大阪メトロ 千日前線と堺筋園の日本橋駅です。

出口は地上へは2番出口、地下街なんばウォークへは3番出口が近いようです。

なんばウォークから地上への出口はB26番出口です。

階段を上がればすぐ目の前に出ることが出来ます。

営業時間・定休日等

営業時間:朝11時 ~ 翌朝5時



店舗着

このお店があるのは知っていましたが、来るのは初めてです。

7~8人が並んでいます。

よく見れば女性ばかり。

おっさんも突入します。

鯛焼きの味は「十勝産あずき」「鳴門金時いも」の2種類のようですね。

雑誌やTVに出たようです。

「一丁焼き」

ひとつひとつ、個別に焼いているのですか。

なかなか手間ですね。

効果としては「皮の表面がパリッとしてとても香り高く仕上がる」そうです。

厨房。

鯛焼きを並べてあるケースが生け簀に見えなくもない。

これが噂の一丁焼き。

専用の金型はホットサンドメーカーみたいな感じですね。




持ち帰り用の箱は有料です。

鯛焼き以外のメニュー。

どれも美味しそうです。

鳴門金時いも

さつま芋の中でも最高峰の鳴門金時芋をふんだんに使用したぜい沢な逸品です。

やさしい舌触りと上品で深みのある甘さに仕上げており、口いっぱいに広がる豊かな風味は鳴門金時芋そのものです。

十勝産あずき

北海道十勝産の厳選された最高級あずきを日本名水百選に数えられる大峰山系の天然水で手間ひまかけてじっくりと炊き上げ、甘みを抑えながらも香りよく味わい深く仕上げております。

全部食べてみたいところですが、あまりお腹は空いていません。

今回は一種類だけ、折角なので鯛焼きでは食べたことのない味の「鳴門金時いも」にしましょうか。



実食

結構軽いです。

量は少な目かな。

酔っていたので、香りを確かめるのを忘れていました。

厚みも薄い。

普通の鯛焼きは角が角ばっていますが、これは段々と薄くなっていきますね。

型が良いということなんでしょうが、量的には少ないです。

肝心の味ですが、美味しいと思います。

200円なら食べていいんじゃないでしょうか。

個人的な好みとしては、今回は食べていませんが、あんこの方が好きですね。

それはまた次回にでも食べようと思います。

難波をぶらぶらしているときに買い食いするのに丁度いいですね。

そんなお店が他にもあるので、順次紹介していきたいと思っています。

そんな感じで、また次回。

BTC投げ銭用アドレスはこちら。

3DV1rWAN6XN3Yp7n61K7tJAPx5kyxG9Yuq

ブラブラの費用とさせて頂きます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク