スポンサーリンク

超新星! 「立ち飲み 呑処 新八 西成」

スポンサーリンク

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今回、2018年5月9日(水)に、ジャンジャン横丁の南スグにあります、「呑処 新八」へ行って来ましたよ。

因みに読み方は「しんぱち」です。

アクセス

最寄り駅

大阪メトロ

動物園前駅2番出口スグ

大阪シティバス

48、52、80号系統

地下鉄動物園前停留所

バス停からスグ

JR天王寺駅や近鉄阿部野橋駅から歩いてだって行ける範囲です。




ジャンジャン横丁側から見た光景。

街路樹の右下のテントが「新八」です。

店舗外観。

ここは、今までに何回も前を通り過ぎています。

気になったことはあったんですけどね。

嗅覚が鈍いです。

因みに、去年(平成17年)オープンしたようですよ。

これを見て入らないなんて。

まぁ、前を通ったときは大抵行き先が決まっていたから、といい訳。

営業時間・定休日等

営業時間:11:00 ~ 23:00

(ドリンク LO 22:30)

定休日 :不定休のようです。

座席数 :多分8~9人



入店

食券を買うシステムのようですね。

何にしようかと思ったら店主より、そのままカウンターへと促されます。

必ずしも食券を買う訳ではないようです。

多分、時間帯や混み具合によるのでしょうね。

席、というかカウンターに付き、まずはビールを注文します。

生は置いていないようです。

瓶ビールを注文します。

最近ふと、ブログを書きたいんじゃなくて、

単に飲み食べ歩きしたいだけ

なんじゃないかって、自問することがありますね。

実際、楽しいですからね。




何にしようかな~、それにしても安いな~。

まずは、

「牛タン焼のタレと鶏唐揚げ下さい」

いや~、楽しみです。

カウンター上。

内観1。

張り紙。

大切なお客様へ

新八はギリギリの低価格にてご提供させて頂いておりますので、この価格を維持するためにも、

おひとり様 ワンドリンク ワンオーダー

を最低限のご注文として下さい!

お客様のご協力あってのお店です!

これからも良い商品を提供していきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

呑処 新八

確かに安いですからね。

それなりに注文しなくては。



さぁ、牛タン焼(タレ)が来ましたよ。

こ、これが250円ですか!?

安すぎる!

そりゃー、ギリギリですわな。

しかし、安いだけかもしれない。

この値段ですから、そう思うのも仕方ないでしょ?

疑いつつ、一口食べてみます。

うまい!

ちゃんと美味いじゃないですか!

う~ん、何ということでしょう。

コスパの良さがハンパないですね。

続いて、唐揚げが来ました。

これも確実に美味いです。

しかし、牛タン焼のインパクトの後では霞んでしまいますね。

いや~、ビールが美味いですね。

ほろ酔い気分で、次なに頼もうか考えます。

よし、決まった。

「牛レバー焼下さい」

もうね、

「美味いに決まってる」

って思いで頼みましたね。

味と値段に疑う余地なしって感じですね。

さぁ、来ましたよ。

これも250円ですか。

たまりませんなぁ。

これも美味いなぁ。

最高です。




内観2。

「今日のお肉」「麦豚ポークのチャーシュー」のようですね。

気になります。

気になりますが、ある程度食べたことと、この後まだ行く予定があるので、今回はここまでにしておきます。

今回の代金は

牛タン焼250+唐揚げ250+牛レバー焼250+瓶ビール大450で、

計 1200円でした。

お値打ちですよね。

いやぁ、ここは当たりでした。

次回は誰かと一緒に来ようと思います。

あ、あとですね、

「立ち飲みとか入ったことなくて、入り辛いなぁ」

と思っている人も居ると思うんです。

そんなこと思う必要なくてですね、空いてる場所があったら普通に入ればいいんですね。

一人ででもね。

取り合えず飲物注文してね。

あとはテキトーに食べ物頼んだり、飲み物お替りしたり。

そんな沢山頼まなくても大丈夫。

500円分で帰る人も居ます。

あまり注文しないで長居は良くないですけどね。

隣の人や店員と無理に会話する必要もないです。

一人で気分よく飲んでても、誰も文句言いません。

入ったことない人がいたら、是非一度入ってみましょう。

そんな感じで、また次回。

BTC投げ銭用アドレスはこちら。

3DV1rWAN6XN3Yp7n61K7tJAPx5kyxG9Yuq

ブラブラの費用とさせて頂きます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク