たこ焼き・ソフトクリーム・かき氷~全部100円! ファーストフード パクパク



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今日は、大黒天物産株式会社が展開するディスカウントストアのひとつ、ラ・ムーの堺美原店へ行って来ましたよ。

場所はこちら。




この大黒天物産株式会社ですが、ラ・ムーほか、いくつかのブランドを展開しているようです。

前身はありますが、大黒天物産株式会社の設立は1993年。

岡山県から始まり、現在、東へ西へ版図を広げています

私が利用したことがあるのはラ・ムーのみですが、他所のスーパーに比べて基本的に何もかも安いです。

低価格なためか、客の外国人の占める割合は高いように感じます。

その低価格が売りのラ・ムーを始めとした各ブランドに併設されたファーストフード店があります。

「ファーストフード パクパク」

です。




こちらはラ・ムー 堺美原店に併設された「ぱくぱく」です。

営業時間は10:00 ~ 19:00です。

定休日はないかもしれません。

未確認ですが、大黒天物産の系列だと思うんですけどね。

お客様各位の張り紙が、ラ・ムー堺美原店の名前で貼られていますしね。

だからかどうかは分かりませんが、むちゃくちゃ安いです。

系列店に「ぱくぱく」が併設されているかどうかは、こちらから確認して下さい。

ということで、実際買ってみましょう。

まず、食券を買わなくてはいけません。

その前に何を買うかです。

たこ焼き・ソフトクリーム・かき氷が全て100円です。

どれであっても、今時100円なんてあり得ません。

儲け度外視で、集客のための撒き餌みたいな感じでしょうか。

やはり、内容からしてターゲットは子供?

なんとなくそんな気がしますが、もちろんただの憶測です。

で、ソフトクリーム(ミックス)たこ焼きを一つずつ買うことにしました。




待ってる間にたこ焼機を撮影させてもらいます。

安いからといって、玉が小さい訳じゃないですね。

2枚ほど写真を撮っただけで、もうたこ焼きとソフトクリームが来ました。

平日の夕方で、客は私だけなため、待ち時間はほぼゼロでした。



実食

まずはソフトクリーム

普通に美味いです。

しかもソフトクリーム

コーンの上に乗っているだけではなく、ほぼ底と言える位置まで入って

いました。

次にたこ焼きです。

これは帰宅してから食べました。

6個入ってます。

安いからといって、数が少ないことはありません。

100円玉と比較して、たこ焼きが決して小さくないことも分かります。

どれ、お味の方は・・・。

うん、激ウマとまでは言いませんが、十分美味しいレベルです。

タコはちょっと控えめなサイズですが、鰹節も青海苔も掛かっています。

ただ、マヨネーズ別売りです(一袋10円)

結論

ソフトクリーム(ミックス)たこ焼きは、どちらも十分美味しいです。

且つ、安いからといって量が少ないこともなく、他所で買うのと同じくらいあります。

これを2つ同時に買いましたが、

たったの200円(税込み)

です。

かき氷を足したって300円です。

仮に、子供にせがまれたとして、しかも子供が3人いたって、

1000円でお釣りがくる

んです。

そりゃ、ラ・ムーに行こうって気になりますわね。

私の場合は、自分が食べたくって今後も行くと思います。

どなたでも、行って損はないと思いますよ。

2018年8月5日(日)追記

※7月15日撮影。

かき氷ブルーハワイを食べてみました。

トッピングは写真のソフトクリームか、練乳のどちらかを選べます。

もちろん、追加料金なし

これも100円。

お買い得ですよね



お気に入りの動画を適当に紹介するコーナー

3種類、それぞれに楽しめます。

Boys Town Gang – Can’t take my eyes off you


Can’t Take My Eyes Off You [Extended Mix] – Boys Town Gang (MV) 1982


Boys Town Gang – Can’t take my eyes off of you

女性の歌唱力もすごいですが、顔力もすごい。

男性たちの踊りを見ていると、何だかいい意味で力が抜けます。

こんな動画ばかり見てないでブログネタ考えろよって感じですが、いいんです。

人生にはこんな時間も必要なんです。

そんな感じで、また次回。

BTC投げ銭用アドレスはこちら。

3DV1rWAN6XN3Yp7n61K7tJAPx5kyxG9Yuq

ブラブラの費用とさせて頂きます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク