おでんの「うめ焼き」



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

先日、心斎橋の「酒の穴」の記事をUPしました。

それを見返していましたらですね(しょっちゅう見返してます)、

「何これ?」

っていうのがあったんです。

おでんのメニュー、ありますよね。

その中の、これですわ。

うめ焼き?

おでんで?

何だろ、ちょっと思いつきません。



ネットで調べてみると分かりました。

「あっ! これかぁぁぁ!」

モノは知っていましたが、名前は全然知りませんでした。

ましてや、おでんの具になっているなんて。

仕事帰りにスーパーで買ってきました。

「あなたでしたか・・・」

そんな感じです。

関西以外では見掛けないらしいですね。

因みに購入価格は、うめ焼きが78円(税抜)、あつやきが98円(税抜)です。

左が「うめ焼き」、右は「あつやき」となっています。

材料やカロリーも全く同じなので、形が違うだけで同じ商品だと思われます。

あつやきの包装には「あつやき」と書かれていますが、うめ焼きの包装には「うめ焼き」の記載はありません(そうか、だから今まで名前を知らなかったんだな)。

メーカーのHPには「梅やき」と書かれています。

しかし、これがおでんとはねぇ。

私は生でしか食べたことがありません。

単に自分が知らなかっただけなんでしょうが。

次回、「酒の穴」訪問時には絶対に注文しますよ。

おでん繋がりですが、関西では「おでん」のことを「関東煮(かんとだき)」というのが当たり前みたいに書かれているのをネットで見掛けます。

が、決してそんなことはありません。

「おでん」が普通です。

「関東煮」でも通じますが、そう言われると一瞬頭の中が真っ白になって、思考停止して、

「・・・ああ、おでんね」

みたいな感じになります。

ですから、大阪に旅行に来て、関西の味付けのおでんが食べたくなったからといって、

「注文するときには関東煮って言わなきゃ!」

ってことは全然ないです。

普通に「おでん」で大丈夫です。

Amazonの広告貼ってみようかと思いましたが、見当たりませんねぇ。

扱っているお店があっても、店頭のみで通販はなかったり。

どうも、鮮度や賞味期限の関係であまり出回らないようですね。

通販やってるところが有りましたので、興味のある方はこちらからどうぞ。

株式会社 土屋本店

大寅蒲鉾株式会社

うめ焼きを食べに「酒の穴」再訪

2018年5月4日に行って来ました。

朝8時から営業 八宝菜200円 酒の穴 追記有り

お気に入り動画を適当に紹介するコーナー

まぁ、今回は静止画ですが。


1966 Nancy Ames – Cry Softly (Liebestraum)

そんな感じで、また次回。

BTC投げ銭用アドレスはこちら。

3DV1rWAN6XN3Yp7n61K7tJAPx5kyxG9Yuq

ブラブラの費用とさせて頂きます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク