スポンサーリンク

天王寺動物園(Tennoji Zoo)その4 ふれあい広場 爬虫類館、他

スポンサーリンク

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

天王寺動物園も4回目ってことで、回数跨ぎ過ぎかなって感じです。

写真沢山撮ったもんですから、ついつい・・・。

そういうことで、今回で終わらせるために殆どをダイジェスト版で行きたいと思います。

ふれあい広場

動物に直接触ることが出来る場所です。

入口。

入口横の「ヒツジ・ヤギのうめぇ~おやつ」のガチャガチャ。

完売です。

生き物に餌をやるのって、楽しいですよね。

私が熱帯魚や金魚、爬虫類を買っていたときも、餌やりの時間は楽しいものでした。

入ってすぐ居るのはエミューです。

これも触れるのかな?

若干怖い気もします。

まぁ、届きませんけども。




広いヒツジのスペース。

直接触るのって大事だと思うんですよね。

思ってたイメージと違ってたりして。

ヘビなんてその代表かな。

一番人気のテンジクネズミ

ふれあい体験(当日予約制)

〇内容

飼育員によるガイドと注意事項説明の後、テンジクネズミをなでる、だっこするなどのふれあいを体験いただけます。

〇開始時間 ※所要時間 約15分

【平日】

14時00分

14時20分

14時40分

15時00分

【土日祝】

11時30分

14時00分

〇実施人数 各回16名(先着順)

〇参加方法

・受付表にお名前を記入して、開始時間までにお集まりください。

・開始時間に遅れた場合は、ご参加いただけませんので、ご注意ください。

なでなでタイム

〇時間

【土日祝のみ】 14時45分 ~ 16時00分

〇内容

・大きな箱の中のテンジクネズミをなでなで。

・持ち上げたり、だっこはできません。

・実施時間内のお好きな時間に自由にご参加いただけます。

ふれあい体験は、こういうものがあること自体知らずに来てますから予約していません。

まぁ、おっさんが一人でネズミ抱っこしてもどうかなと思いますし。

今日は日曜日ですから、なでなでタイムの写真ということで。




なでなでタイム中。

大人気です。

子供たちは、ワイワイはしゃぐ感じではなく、可愛いとか、恐々とか、いろんな感情が入り混じった様子で触っているようでした。

ずっと触っているので、嫌ではないようです。

続いてヤギです。

愛嬌のある顔。

何だか笑っているよう。

おやつがあるためか人慣れもあると思いますが、ずっとこちら側に寄って来ています。



アイファー(爬虫類館)

中に入ると蒸し暑いです。

ヨウスコウワニ。

インドニシキヘビ。

ホシガメ。

フトアゴヒゲトカゲ。

チュウゴクワニトカゲ。

現地の生息数は1000頭以下とか。

繁殖出来たようですね。

可愛い・・ってことはないか。

見れたらラッキーだそうですが、

普通に見れました(笑)

ラッキーだったようですね。




超デカイ、ワニガメ。

横の女の子と比べると、その巨大さがよく分かります。

こんなのに噛まれたら、指くらい簡単に飛んじゃいそう。

ここにはカミツキガメも居ましたが、サイズは普通でした。

ワニガメより小さな種類ですが、アクティブに動くし、動きは早いしでワニガメより危険じゃないでしょうか。

結構帰化してるみたいですから注意が必要ですね。

多いのは関東のようですが、関西にいないとも限りません。

どんなカメか見ておくのもいいかと思います。

特に子供は。

印旛沼カミツキ亀特集1

途中で出てくる千石正一さんによりますと、陸に揚げると追い詰められて狂暴になるそうですから、そうしないことはもちろん、見掛けても近付かないようにしましょう。

生息域は、ほぼほぼ全国に広がっているようです。

ミドリガメを見ても分りますように、駆除どころか生息域の拡大も防ぐことは出来ないでしょう。

Alligator Snappinng Turtle(ワニガメ) vs Common Snappinng Turtle(カミツキガメ)



ペンギン

ペンギンの家。

内部。

寄ってきますね。

愛嬌あります。



カバ

着いた瞬間にポーズ。

分かっとるな、おぬし。

ここから水中もみれます。

ティラピアですかね?

少し待ちましたが、このときカバは来ませんでした。

写真撮影スポット。

これはカバですが、サイもどこかにあったような。

よい思い出になりますね。



ワシとか

沢山種類います。

「大きい~」の歓声がよく聞こえます。

どいつもこいつも本当に大きいです。

たまに飛んだりするんですが、翼を広げるとまた大きい。

コンドルとか、もっとデカいですよ。

アフリカサバンナ

広いスペースにキリン、シマウマ、アフリカハゲコウエランド、ホロホロ鳥などがいます。

ガイドさんによる説明。

後ろではホロホロ鳥が数羽チョロチョロ。

アフリカハゲコウへの餌やり。

肉?を投げて与えています。

ガイドさんのコントロールが乱れたとき以外は全てキャッチしていました。



夜行性動物舎

中は実際これぐらい暗いです。

コウモリ。

多数が蠢いたり飛んだりで中々キモイ。

フクロウ。

まぁ一応って感じで、特に動くわけでもなく。

キーウィ

キウイフルーツの名の元。

画像は明るくしてありますが、実際は暗くてあんまり見えません。



その他

寝てるだけのライオン。

寝てるだけのハイエナ。

寝てるだけのカリフォルニアアシカ。

チンパンジー。

タンチョウヅル。

ブラックスワン

スマトラサイの剥製。



という訳で

動物園を見てきた訳ですが、いや~、いいですねぇ。

動物の種類は多いし、広いところ、狭いところ、暗いところなど、

「動物の生息地の景観を可能な限り再現したうえで、そこに暮らす動物の様子を紹介する「生態的展示」」の謳い文句に偽りナシって感じですね。

それは、観察する人間側にとって参考になるだけでなく、雰囲気の変化も楽しめます。

加えてレストラン有りグッズ屋有りで、動物園以上のレジャー施設になっています。

観光都市大阪の機能のひとつとして、十二分に役目を果たしていると思います。

変な紹介になりましたが、要はとても楽しめるということです。

これがたったの500円ですよ。

行かないテはないですね。

すぐ近くに、ハルカス、新世界、通天閣、ジャンジャン横丁、一心寺、慶沢園茶臼山、大阪市立美術館、四天王寺、ちんちん電車(阪堺電車)などもありますから、是非立ち寄ってみて下さい。

少し離れますが、ラーメン屋「麺と心 7」もあります。

はっきり言って、大阪にはなんでもあります

無いのは「退屈」くらいです。

あとは「カジノ」ですかね。



おまけ

おやつに買った「チョコマント」

これにチョコのマントを掛けるってことらしいですが。

味はまぁそれなり。

1本250円は高いと思いますね。

これなら「キットカット」一袋買った方がいいなとか思いますね。

なぜだか分かりませんが、「キットカット」一袋がお菓子を買う際の基準になってます。

これより価値があるかないか。

これはまぁ、頑張って200円なら買おうかなと思います。

まぁ今回、買っちゃいましたけど。

そんな感じで、また次回。

BTC投げ銭用アドレスはこちら。

3DV1rWAN6XN3Yp7n61K7tJAPx5kyxG9Yuq

ブラブラの費用とさせて頂きます



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク