月花さんま水煮・煮付 缶詰の1と2

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今回から缶詰シリーズもやっていきたいと思います。

缶詰、よく食べます。

どうせならってことで。




初回である今回は、ド定番、マルハニチロ株式会社の月花さんま水煮「月花さんま煮付」です。

定価はどちらも330円(税抜き)ですが、よく行く量販店でたまに安く売られています。

100円+税。

むっちゃ助かってます。

値札には「メーカー希望小売価格 250円(税抜き)」と書かれていますが、そりゃメーカーのHPの方が正しいでしょう。

月花さんま水煮

道東沖で漁獲された130g以上の大型の脂ののったさんまを使用。シンプルに塩のみで味付けした商品。そのままお召し上がりになられるほか、素材としてサラダやパスタ、スープ等にお使いいただけます。

 

HP上の「月花さんま水煮」の説明は上記の通りなんですが、「月花さんま煮付」の方は無くなってしまっています。

数日前にはあったんですけどね。

仕方がないので、ネット上で「多分これだろう」というのを引っ張ってきました。

月花さんま煮付

北海道道東沖で漁獲された130g以上の大型の脂ののったさんまを使用しました。
丸大豆しょうゆを使用しさんま本来のうまみを閉じ込めた逸品です。




月花さんま水煮は「天日塩使用」、月花さんま煮付は「丸大豆醤油使用」。

水煮の方は炭水化物ゼロなんですねぇ。

食塩も水煮の方が少ないです。

DHAとEPAは多かったり少なかったりです。

「国内で水揚げされた原料を使用」

上面はどちらも同じで、区別は付きません。

中身。

色が違いますが、それ以外見た目は同じです。

食べてみると、どちらも美味しいですが、さっぱり塩味の水煮が私好みではあります。

煮付は醤油味ですが、水煮と比べると「濃い」感じですね。

ただ、「どちらも間違いなく美味しい」のは確かです。

骨が固いとか一切ありません。

安心のメーカー製です。

自分としては味が好みであることと、炭水化物ゼロ、食塩も少ない水煮を推したいですね。

売り場では煮付の方が沢山売られているので、あちらの方が人気なのかもしれませんが。

因みに、上の方の量販店に写っている12缶、全部買い占めてやりました(笑)

もっとあったんだろうと思いますが、以前と売られている位置が変わっていたので気が付きませんでした。

ずっと買い続けていきたいですが、メーカーのHPで見ると、商品変わっちゃうかもしれませんね。

残念です。

缶詰は保存料を使わずに、旬の時期にとれたものを密封しているので、栄養も鮮度も最高です。

缶詰は最高なんです。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク