スポンサーリンク

茶臼山 大坂の陣跡

スポンサーリンク

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

今回(2018年4月8日(日))は、前回の慶沢園に引き続き、同じ天王寺公園内にある「茶臼山」へ行って来ましたよ。

場所はこちら。

アクセス

地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺駅」より徒歩15分

慶沢園のすぐ隣と言っていいかと思います。

営業時間 7:00 ~ 22:00

休日   無し

料金  無料

駐車場 天王寺ゲートから入る、茶臼山エントランス駐車場があります。

2018年7月9日(月)撮影。



茶臼山

大坂の陣で有名ですね。

大体、南南西くらいからの撮影です。

手前が河底池、右に見えるのが和気橋です。

左に少し写っているのは一心寺です。

和気橋を渡って茶臼山へ入っていきます。

少し登って出るのがこちら。

「史跡 茶臼山 及 河底池」

左手の階段を上がると、

あっと言う間に山頂です。

まぁ、標高26mですからね。

混んでいるというほどではありませんが、パラパラと人がいます。

真田氏家紋、六文銭。

徳川家家紋、三つ葉葵。



真田幸村

立札で真田幸村や、その名言と解説が紹介されています。

全部で6枚。

真田幸村という人

英雄になった真田幸村

真田幸村名言

「十万石では不忠者にならぬが、一国では不忠者になるとお思いか」

「恩義を忘れ、私欲を貪りし人と呼べるか。」

「関東勢百万も候へ、男は一人もいなく候」

「定めなき浮世にて候へば、一日先は知らざる事に候。」

大阪夏の陣配陣図

左上の大阪城の写真の方角、約4キロに大阪城天守閣があるようです。

見ることは出来ませんが。




むっ?

ようこそ標高二十六メートルの茶臼山へ

「茶臼山登頂証明書」あります。

すぐ向かいの一心寺存牟堂(ぞんむどう)で発行しています。

これは是非、手に入れたいですね。

山を反対側へ降りて行きます。

降りる途中で山頂を振り返ったところ。

山を下り切って広場に出ると、ネットで見たものがありました。

勝手に山頂にあると思っていましたが、そうではないんですね。

後ろに茶臼山があります。

同じ広場に、よく分からないオブジェもありました。

何も書いてないので、よく分かりません。

さぁ、茶臼山には登ったし、写真も撮ったし、あとは「茶臼山登頂証明書」をゲットするだけです。

存牟堂へ向かいましょう。



到着!

したのはいいのですが、

閉まってますね。

ちょうどスタッフと思われる人達が、

「お疲れさま~」

みたいな感じで帰って行くところでした。

あれ? まだ16時過ぎなんだけどな。

さっき撮った写真を見直します。

16時までじゃないですか。

そりゃ帰りますわね。

うーん、参りました。

この為だけにまた来る気にはなれません。

一心寺が結構良さそうなので、行く機会があればここにも寄ることにしましょうかね。




帰り道、河底池の水生花園からの通天閣。

茶臼山も河底池も、和気橋も全部入っていい感じですね。

一心寺は茶臼山の向こうです。

これで水生花が咲いてたらなぁ。

で、茶臼山ですが。

良かったと思います。

面白さとか派手さとかはありませんが、そういう場所じゃないですしね。

過去に、日本の歴史上重要なことがあった、そう思うだけでしみじみと楽しめます。

是非、一度は訪れたい場所ですね。

そんな感じで、また次回。

BTC投げ銭用アドレスはこちら。

3DV1rWAN6XN3Yp7n61K7tJAPx5kyxG9Yuq

ブラブラの費用とさせて頂きます。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク