スポンサーリンク

デジタルナイトビジョン双眼鏡

スポンサーリンク

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

相変わらずブラブラ出来ない状態なので、投稿ネタも特にありません。

何か手持ちの物でないかということで、数ヶ月前に買った双眼鏡風ナイトビジョンでも載せようかと。

元々は夜行性の生き物を見たいと思い買ったのですが、時間が無くてほとんど使っていません。

正面。

こちらから見て、右が赤外線ライト、左がカメラになっています。

見た目は双眼鏡ですが、実際は違います。

持ち易くていいですけどね。

カメラの方は、回すなと書かれています。

赤外線ライトの方は外すとこんな感じです。

単3電池4本使用します。

エネループでも大丈夫でした。




電源やズームボタン、赤外線の強度を変えたりするボタンが並んでいます。

録画や撮影が出来ることは知っていましたが、すっかり忘れていました。

値段が安いですから仕方ありませんが、見た目も操作感も、高級感は皆無です。

接眼部。

カバーはありません。

これを使ってみる訳ですが、物が物ですから、近所の公園などでは不審者扱いされかねません。

出来るだけ人気のないところへ行くことにします。



府内某所。

雨が降っているので、社内からの撮影(X70)です。

車のライトを消すと、真っ暗です。

ナイトビジョンは一応三脚に取り付けてあります。

が、付近は山中であり、人気は全くありません。

車一台、バイク一台通りません。

怖くなってきました。

早く帰りたいので、三脚はちゃんとセットせず太ももに挟んでいるだけです。

その状態で双眼鏡の接眼レンズにカメラを当てて撮っているので、ダメ写真ばかりになりました。

ナイトビジョンの撮影機能を使っていれば、三脚すら要らなかったのに、馬鹿なことをしています。

赤外線の強度を最弱にして撮影しています。

強度を上げると明るすぎて画像が飛んでしまうんです。

それにしても、汚いですね。

実際はもうちょっと綺麗に見えます。

最初に見た時は「おおーっ!」ってなりました。

この画像の真ん中の物はなんでしょうね?

ズームしてみましたが分かりません。

見えてはいますが、何かまでは分からない感じです。

近づいて車のライトで照らしてみると、

なんだ、これでしたか。




少し方向を変えて、林の方を見てみます。

この場所がどこか分かる人は分かると思いますが、怖いんですよね。

それはさておき、

これらも、実際はもっと綺麗に見えます。

肉眼だと黒一色で何も見えないんですけどね。

大したもんだと思います。

さぁっ!

写真も撮ったし、早々に撤退です。

やっぱり、近所の池の水鳥とかにしておけば良かったです。

気が向いたら、ちゃんと写真を撮ってUPします。

夜のこの場所には来ませんけど。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク