玉二商店街



↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

先日、玉ニ商店街へ行って来ましたよ。

場所はこちら。

玉出中1丁目13番地と14番地の間の通りです。

「玉二商店街」っていうのが正式名称なのか略称なのかよく分かりません。

ググっても分からないんですよね。

この「玉出本通商店街」の支流とも言える商店街です。




商店街の看板の、このエンブレムとか、

このマーク、

この写真(絵?)も、

それぞれ何なのか分かりませんが、気になります。

玉二商店街の入口はこちら。

ここの看板のこのエンブレム

いやぁ分かり易いですね。

「玉出」の文字ですね。

こういうのは結構好きですね。

学校の校章みたいで。



肝心の商店街に入ると、

神々しいほどのシャッター街っぷり。

こういう場所から感じるのは「過去」ですね。

これも過去。

大阪市設 玉出公設市場

みおつくし。

「再開発拒否 玉出再開発を考える会」

未来への抵抗。

一番端の観賞魚店。

こういう観賞魚店は細々と営業しているお店をちょくちょく見かけますね。

応援してあげたいけど今は魚、飼っていないんですよね。

堺東にあった「堺熱帯魚水族館」とか「野田熱帯魚」も、とっくの昔に閉まっちゃって寂しい限りです。

よくチャリンコで通ったっけ。




閑話休題。

商店街ですけどね。

賑やかなのも好きですが、こういう静かで薄暗くて長いのも好きなんですよね。

何なんでしょ。

異次元へ抜けるトンネルみたいな感じがして。

出口から光の中へ消えていく人。

あの先は何があるのかな?

過去の町かな?

そんな感じでね。

妄想ですわ、妄想。

消えていくのが「駆けていく子供」だったらもっと雰囲気出たかも。

いったい、商店街に何を求めているのかと。

そんな感じで、また次回。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク