スポンサーリンク

浮世小路 大正・昭和のミナミへタイムトリップ

スポンサーリンク

↑エネルギー注入ボタンです!

押して頂けると励みになります!

Click here!

Thank you for your support.

はい、こんにちは。

2018年3月2日(金)

浮世小路へ行って来ましたよ。

ブラブラしてたら、たまたま見つけたんですよね。

散歩はこういうのがあるから面白いですね。

ちなみに小路の読み方は「しょうじ」です。

「こみち」じゃありませんよ。

場所はこちら。

地下鉄なんば駅と日本橋駅の間くらい。

どちらかと言えばなんば寄りですね。

道頓堀にあると思ってもらえばいいですわ。




道頓堀から法善寺横丁へ抜けることが出来ます。
今回は法善寺横丁から向かいます。

こちらは法善寺横丁側から入ったところ。

いい雰囲気ですね。

「道頓堀の歴史と文化」

道頓堀とかミナミの記憶ってとこですか。

誰か分かりませんが、「イマオ」って顔ないし。




短い通路ですが、じっくり見ていると結構時間が掛かります。

視界に入るものが全て至近距離で当時の資料や風景ですから、浸れます。

暗く狭く短い。

人がすれ違うのもやっと。



一寸法師大明神。

鳥居も、更におみくじもありますよ。

たったの100円で幸運の精霊を召喚することが出来ます。

なんてお安いんでしょうか。

しかし、写真だけ撮って引くのを忘れていました。

道頓堀側へ出ました。

思い切り現代の喧噪の中に戻ります。

中国語も沢山聞こえますよ。

結構楽しめました。

大正・昭和へトリップしたような感じ。

「暗く狭い」のが効果が大きいんですかね。

この周辺に行くなら、ここは是非、コースに入れたいですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク