スポンサーリンク

自己流ラーメン 綿麺

スポンサーリンク

2017年11月24日(金)

行って参りました、「自己流ラーメン 綿麺」。

一番近い近鉄南大阪線の河内松原駅からでも1㎞以上と、なかなか不便な場所にあります。

私は車で行きました。

営業時間

営業時間は現地で確認していません。

恐らく、

11:30 ~ 14:00

18:00 ~ 21:30

だと思われます。

定休日がはっきりしません。

ネットを見ると、月曜日になっていたり、火・水の夜になっていたりします。

火曜日の夜の部から水曜日が休みかもしれません。

12月以外の第2・第4金曜日は夜の部が18:30 ~ 21:30で、フライデーナイトというイベントがあり、その時々のメニューが出るようですが、未確認です。

はっきり分かっているのは、今回、第4金曜日に11:30に開店し、通常メニューが食べれたという事だけです。

駐車場は店舗の前に一台と、徒歩一分ほどのところに2台分の計3台分があります。

開店20分前の11時10分に到着しました。




残念、店舗前の駐車場は埋まっていました。

裏の駐車場へ回ります。

先客は1名でした。

お店の前に並べられた丸椅子に座って開店を待ちます。

ネット情報では、美味しいこと以外に大将が厳しいという書き込みが目につきました。

いろいろ禁止事項が多いとか。

待っていると目に入ってくる張り紙。

これはまぁ、普通ですよね。

しかも、「お願い」と書かれてありますし。

しかしこっちは、

ちょっと珍しいかな・・・。

これは、店内に入ってからも楽しみですね。

寒い中、貧乏ゆすりをしながら待ち続けます。

待ち客が一人増えます。

時間ぴったりに、半開きだった自動シャッターが上がり始めます。

ドキドキですね。

どんな強面のおっさんなんでしょうか。

と、思いきや、

「お待たせしました~」

と、出てきたのはえらい愛想のいい、可愛らしい女性でした。

かつみ・さゆりのさゆりさんのような雰囲気です。

なんだか拍子抜けです。

店内に入り、一番手の人が食券を買っている間に周りを見ます。

さゆりさん(仮名)に撮影の許可を得ます。

百名店

よく知りませんが、食べログの百名店に選ばれているんですね。

ルール

むむ・・。

ふーむ。

だんだん個性を発揮してきたように思えなくもないですが、ここに至るまでに色々あったんだろうなと想像します。

多分、変な客は相手にしたくないから来るな、ということなんだろうな。

これも分かりますね。

小学生以下でも、一人一席使うことに変わりありせんからね。

とりあえず、勝手に座るなと。

何だか分かり易いなぁ。

「客は神様じゃないよ。客だからって何でも許される訳じゃないよ」

って言ってるように感じます(←勝手な解釈です)。

正しいと思います。

大賛成です。




さぁ、食券を買いますか。

料理の写真があるといいんですけど、見当たりませんね。

スマホで見てるからいいですけど。

メニュー

食券販売機以外にメニューが見当たらないので、手打ちで。

「たのみすぎに注意して下さい。年配の方や女性の方は、まず普通のラーメンか、つけ麺を食べてみて下さい」

和風とんこつ            790円

和風とんこつチャーシュー      1090円

和風とんこつ大盛          950円

和風チャーシュー大盛        1250円

「大盛りは麺1.7倍です」

「チャーシュー麺は3種類のお肉が入っててボリュームがあります」

つけ麺(並)2玉          1000円

つけ麺(大)3玉          1200円

からあげ復活! お待たせしてごめんなさい。

からあげ 2コ            260円

からあげ 3コ            390円

ごはん               180円

ごはん(大)            280円

からあげ丼             550円

チャーシュー丼           550円

「丼物も量がありますので、つけ麺大やチャーシュー麺と一緒に食べると多いです」

夜限定メニュー

ベーコンライス          550円

自家製のめちゃうまベーコンを使ったいわゆる焼き飯デス

太刀天丼             650円

店主が大阪湾で釣った太刀魚を使っています。美味。

飲酒運転しない人のビンビール    520円

飲酒運転しない人のチューハイレモン 420円

金よう限定

金よう限定 並

金よう限定 大

限定 一品

和風とんこつと、からあげ2個を買います。

さゆりさん(仮名)に「奥から2番目の席に」と指示を受けます。

店内。

カウンターの上には箸と紙ナプキン、それに水差しのみです。

調味料とか、メニューはありません。

10分ほどで、からあげが来ました。

が、ラーメンから食べたいので待ちます。

からあげから5分くらい後、和風とんこつが来ました。

実は、とんこつラーメンは二十数年前に福岡で食べて以来です。

その時は、クセというか臭いに勝てず、ほとんど食べることが出来ませんでした。

二十数年の時を経て、再挑戦です。

まずスープから・・・・臭いは、ほぼないです。

遠くの方に、かすかに感じる程度です。

味は、うーん、美味い。

しばらく、スープばかり啜ってしまいます。

美味いなぁ。

チャーシューも自分好みのチャーシューです。

やっぱり、ブヨブヨのやつより、こっちの方がいいですね。

前回は要らないと思った煮卵も美味しいと思います。

麺も含めて、全て美味しいですね。

個人的には、前回の人類みな麺類より美味しいと思います。

まぁ、好みの問題ですかね。

からあげも、骨がなくて食べやすく、むっちゃ美味かったです。

すっかり忘れていましたが、大将が厳しいとか怖いとか感じる場面はありませんでした。

さゆりさん(仮名)とたまに小声で仕事のやり取りをする程度でしたから、逆に地味に感じるくらいでしたね。

でも、何となく店内に張り詰めた空気はあったように思います。

ここは良かったです。

他のメニューを食べるために、また来ます。

追伸:

以前、2回ほど行ったラーメン屋「かしや」の大将がここで修業していたと、後で知りました。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする