スポンサーリンク

伊勢志摩 一泊旅行

スポンサーリンク

一ヶ月ほど前でしたか、会社の先輩であり歩こう会のメンバーである人から、旅行に誘われました。

何でも、あるホテルが30周年記念のキャンペーンで行っている割引きに抽選で当たったとか。

3万円の宿泊代が1万9千円になるらしいです。

気になるのは食事ですが、元々3万円プランですから、それなりに豪華なはずです。

夕食のメインは、

・伊勢エビ温泉蒸し
・伊勢エビ姿造り
・アワビ陶板焼き
・フカヒレ海鮮蒸し
・松阪牛すき焼き
・お造り盛り合わせ

の6品の中から3品選べるとのこと。

恥ずかしながら、私はいい年こいて、こういう贅沢なといいますか、美味しい料理をほとんど食べたことがありません。

トラフグも、クエも、北京ダックも、フカヒレも、ツバメの巣も、うな重も、とにかく何も食べたことがない。

とりあえず一通り一回は食べてみようと思っていましたから、いいタイミングです。

行くことにしました。

メインの3品は、「伊勢エビ温泉蒸し」「伊勢エビ姿造り」「アワビ陶板焼き」を選びました。

一緒にいくのはオッサンばかり、私を入れて4名です。

行った先は、以下になります。

・伊勢神宮(内宮・外宮)

・ゑびや(あわび串)

・ひもの塾

・赤福本店

・おかげ横丁 小西湖

・外宮参道 五豊美(ごほうび)

・志摩マリンランド

・〇〇〇浜島(旅館)

・鳥羽水族館

・秀丸




当日は、台風の過ぎ去った後でしたが、台風一過とはならず雨がシトシト降っていました。

残念ですね。

大阪難波から、近鉄特急で伊勢・鳥羽・志摩へすべてセットのお得なきっぷ「伊勢・鳥羽・志摩スーパーパスポート“まわりゃんせ”」(中学生以上9,800円)を使って行きました。

今回は完全に人任せでよく分かりませんが、移動だけに使うと大体トントン。

他に、無料で利用できる鳥羽水族館や、志摩スペイン村などに行けば、お得になるらしいです。

何より、行きも帰りも指定席ですし、全員お酒が飲めますからね。

寝ることもできますし、快適です。

行きはずっと会話も弾み、楽しく過ごしました。

伊勢神宮

まず最初に行ったのは、伊勢神宮です。

定番中の定番ですね。

なぜか数年に一度のペースで行っています。

何度行っても、「なんだかいいな」と思いますね。

写真はあまり撮っていないですし、撮ったものはメンバーが写っていますから、ここには載せられません。

御朱印帳

前回までと違うのは、御朱印長を買ったことですね。

個人的に買うつもりだったのですが、メンバー全員が買いました。

これでまた、出掛ける理由が出来ました。

で、まず内宮から書いて頂くことになりました。

「御朱印長のデビューが伊勢神宮だなんて、いいんじゃない?」

とか思いながら書いてもらいましたが、

何だか地味です。

私の持っている御朱印のイメージと違います。

外宮も同様でした。

まぁ、これをきっかけにあちこち回りたいと思います。

おかげ横丁

内宮の次はすぐ横にある、おかげ横丁へ向かいます。

おかげ横丁へ着くまでにもたくさんお店があり、楽しめます。

「伊勢海老めし」なるものを見掛けました。

炊き込みごはんのようです。

伊勢海老が半身、入っているようですね。

これに米を用意すれば作れるようです。

一人がこれを買いました。

荷物になるので買おうか迷っていたようですが、見掛けたのはここだけでしたから、買っておいて正解でしたね。

ただ、これを含めたお土産の大半を元ヨメに持っていかれたそうですから、味の方は分かりません。

「あわび串」

「大きく美しい目赤ちゃんが生まれるそうです」

違うでしょ~、アレに似てるから赤ちゃんなんでしょ~。

一人が食べました。

美味しかったそうです。

私は晩御飯にアワビがありますからパスです。




「ひもの塾」

ここは良かったです。

焼きたての干物を試食させてくれますが、全部ウマイ!

買いたいですが、帰宅は明日の夕方です。

「保冷剤を入れれば大丈夫。真夏でも買って帰る人はいる。泊りならホテルに預かってもらえばいい」とのことなので、買うことに。

※ホテルでは、冷蔵でちゃんと預かって貰えました。

真いわしと平子いわしを買いました。

値段を少しオマケしてくれました。

※帰宅後、家族には「美味しい」と喜んで貰えました。

試食のところでバクバク食べまくってるオッサンがいます。

「試食は一人一種類一切れずつ」と書かれているにも関わらず。

身内じゃないですか、恥ずかしいな。

この人はどこに行っても試食を食べまくって、「お腹いっぱいになってきた」とかいう人です。

今回は3箱も買っていたし、許されるかな。

その他、飾りの干物。

バショウカジキ(1,780,000円)に、

マンタ(4,500,000円)。

「赤福本店」

せっかくなので、赤福本店へ寄りました。

2個入り(番茶付き)210円を頂きました。

赤福餅は大好きです。

美味しかったです。

写真はフラッシュ無しも撮ってはいましたが、店内は暗く、ブレブレでダメでした。

「小西湖(しょうせいこ)」

一人のラーメン好きがここに行きたいということで、昼食はここになりました。

豚、牛、鳥、魚、野菜それぞれの旨みを抽出した素材のスープだそうです。

横丁そばの焼豚満開(1,200円)にします。

スープがとても美味しいです。

焼豚はちょっと塩辛いかな?

他の人は美味しいと言っていますが、厚みが少ないとも言っています。

麺は特にこれといった感想はありません。

元々、麺をあまり美味しいと感じたことはありませんしね。



外宮参道

「伊勢百貨店 五豊美(ごほうび)」

外宮から参道を近鉄山田線の伊勢市駅へ向けて歩いているときに、偶然見掛けました。

一人が「而今(じこん)、而今」と騒いでいます。

良く分かりませんが、美味しく、高いお酒のようです。

入ってみます。

我々より年配の客数人が、

「うーん、満足満足」

とか言いながら帰っていきます。

期待が持てますね。

商品棚に而今は並んでいないようです。

利き酒で頼むしかありません。

一杯50㎖ですか。

ヤクルトより少ないですね。

而今(吟醸酒)は単品だと400円。

たっけー。

店員のおばちゃんによると、元々そんなに高いお酒ではないが、数が少なく出回らないそうです。

他に400円するものに半蔵がありました。

こちらは伊勢志摩サミットで出された大吟醸だそうです。

お得な3種きき酒セットもありますが、而今と半蔵の両方がセットに含まれたものは無いようです。

どうせなら而今も半蔵も飲みたいですよね。

ということで、単品で而今と半蔵を頼みます。

右が而今で、左が半蔵です。而今は、おばちゃんの手元が狂って少し多めに入っています(ラッキー(笑))。

奥は塩のようです。

さて、お味の方は・・・。

日本酒はほとんど飲まないので正直どう表現していいか分からないのですが、而今はとても飲みやすく、気持ちよく酔えそうな感じがします。

お刺身とか食べながらいい気分になれそうです。

半蔵は、ちょっと辛目と言えばいいんですかね?

ああ、日本酒だなって感じです。

体験できたし、もういいかなと思います。

この辺は好みなんでしょうね。

さぁ、伊勢市駅から箕島へ。

志摩マリンランド

箕島に着いたは良いものの、ホテルの送迎バスに乗る時間まで、まだ時間があります。
志摩マリンランドへ行くことに。

理由は近いから、それだけです。
無料で入れますしね。

通常は1400円です。

ここに限ったことではありませんが、平日だからか人は少なめでした。

ダイジェスト版で写真をば。

クマノミ。

ウツボ。正直キモイ。

このピラルクは良かったです!

翌日行く鳥羽水族館のピラルクよりいいと思いましたね。

マンボウ。

和む・・というか、「俺こんなとこで何してんだろ」って悩みそう。

カブトガニ。脚がキモイ。

オオカミウオだったかなぁ、忘れました。

こんな感じでした。

他にペンギンやリクガメなんかも居ましたが割愛で。

大きい施設ではありませんでしたが、それなりに楽しめました。



ホテル

駅前のコンビニで、部屋用のお酒やおつまみを買い込んで送迎バスに乗り込みます。

20分ほど揺られてホテルへ。

30周年ということですから、建物は新しくはないはずですが、古い感じはしません。

部屋もキレイですし、窓からの景色もいいです。

晴れていれば最高だったんでしょうけど。

写真は翌朝のものです。

テレビを付けると、自民・公明の与党が大勝した衆院選のことや、台風の被害のことばかりが流れています。

いろいろ準備や説明をしてくれる仲居さんから、メニュー片手に夕食に松坂牛を勧められます。

今、割引中だから8千円のところ4千円とのこと。

量はどれくらいかと見てみると、100g。

「・・・・・」

お断りしてお風呂へ行きます。

夕食

2階にある、こじんまりとした露天風呂(温泉かどうか、よく分かりませんでした)に入り、今回のメインイベントである夕食へ向かいます。

伊勢エビ姿造りとアワビ陶板焼きは、すでにありますね。

各固形燃料に火を点けてもらいます。

いい雰囲気です。

始まった感がありますね。

何はともあれ乾杯です。

生ビールがうまいです。

真ん中のオードプルを食べてから、伊勢海老姿造りへ。

なんちゅか、身はちょこっとですね。

お味の方は・・・・うーん。

新鮮でプリプリなんですけどね。

醤油の味しかしない感じです。

少ししか付けてないんですけどね、醤油。

確かに甘味もあるんですが、クルマエビとかブラックタイガーで十分かな。

因みに、右の殻というか、ガラは翌朝の汁になるそうです。

続いて伊勢エビ温泉蒸し。

お兄さんが運んできた状態。

そこからハサミで切ってもらった状態。

これも大して美味しくないなぁ。

こんなもんかぁ。

2連敗だなぁ。

隣の人が頼んだ刺身盛り合わせに負けてる感じ。

三度目の正直、アワビ陶板焼きです。

今度こそは。

まぁ・・・ホタテとかハマグリとか牡蠣の方が美味しいかな・・。

残念無念。

他の人にフカヒレ海鮮蒸しを少し分けてもらいましたが、これはどちらかと言うと、不味い部類でしたね。

うーん、美味しいものって、こんなものなんですかね。

ただ、後日会社の人に聞くと、伊勢海老のお造りは美味しいはずだし、フカヒレも美味しいとのことですから、今回はたまたまなのかもしれません。

蒸した伊勢海老は大して美味しくないそうです。

また別のところで試してみますか。

この後は23時頃まで部屋で飲みながら喋りまくっていました。

何を話したか、全然覚えていないんですけどね。

朝ごはん

皆は朝食の前に昨日とは違う6階のお風呂へ行きました。

私は眠かったので、寝続けます。

6階のお風呂は良かったそうです。

「ちゃんと温泉やったで」とのこと。

行けば良かったかな。

さて、ごはんですが、全て美味しかったですね。

入口で温泉卵を一つ貰います。

晩御飯でも十分いけるくらいです。

白飯はお替りできますが、どうせ後でいろいろ食べるので止めておきます。

昨日の伊勢海老の汁。

うまい。

甘鯛一夜干しみそ焼き。

姫鯛の小鍋か何か。

出汁が超美味しい。

一服して、預けておいたお土産を受け取り、支払いを済ませ、出発です。

支払いは、夕食で生ビールやらチューハイを頼んだので、23,000円ほどになりました。

いろいろ文句を書いていますから名前は伏せていますが、いい旅館だったと思います。

また来てもいいかな。



鳥羽水族館へ

晴れていたら、賢島エスパーニャクルーズに乗る予定でしたが、雨ですから取りやめます。

ほとんど私の一存で鳥羽水族館へ行くことになりました。

というか、他の人は美味しいものが食べられれば後はどうでもいいんです。

送迎バスで箕島まで行き、そこから鳥羽へ。

水族館最寄りの中之郷は駅を一つ戻りますが、電車が来るまで時間がありますから、バスで行くことにします。

到着し、中へ。

もちろん無料です。

小学生だらけ・・・。

ある意味ハズレ日かも。

35年ほど前、私も修学旅行でここへ来ました。

月日の経つのは早いもので、こんなオッサンになってしまいました。

今のうちにやれることやっとかなきゃ。

写真撮りまくりです。

上から見れる海水魚水槽。

綺麗ですね。

部屋に欲しいなぁ。

イカ君。

デザインがステキ。

オウム貝。

1~2万円で売られているそうですね。

機材が高くつきそうですが。

ネオケラトドゥス(オーストラリアハイギョ)。

これも売られているようです。

20~30万のようですね。

渓流をイメージしてるっぽい(説明読めばいいのに)。

ピラルク。

志摩マリンランドの方が元気に泳いでいました。

カピバラ。

動かない。

ひたすら泳いでる。

お触りコーナー。

この向こうで、ペンギンのショーがあったのですが、子供向けっぽかったので、パスしました。

ビーバー。

セイウチ。

通り過ぎるときに目が合います。

ペンギン。

陸はフンだらけなんですが、臭いですね。

中々幻想的です。

ジュゴン。

ひたすら海藻を食う。

イロワケイルカ(パンダイルカ)。

アジアアロワナ。

これはやっぱり養殖物なんですかね?

小学生の時にショップでみたワイルド物は動きが違いました。

ビビビッと泳いでいましたね。

マナティー。

これはたまたま動いている写真ですが、この写真以外の時は底にいました。

スッポンモドキ。

レッドテールキャット。

コロソマとかオキシドラスとか。

家庭で飼い切れなくなった熱帯魚が、最後に辿り着く場所かなと勝手に想像してみる。

鳥羽水族館は広くて、じっくり見るとかなり時間が掛かりますね。

とても楽しめました。

個人的には海遊館より、こちらが好きです。



「秀丸」

さぁ、後は昼メシ食べて帰るだけです。

鳥羽駅に向けて歩きます。

私は「漣 鳥羽店」のエビフライが食べたかったのですが、メンバーの一人の資金が尽きてしまい行けず(泣)。

駅前に鳥羽一番街と書かれたレストランやらお土産屋が入った建物があったので入ってみることにします。

「とば~がー」という、鳥羽の食材を使ったハンバーガーを食べてみても良かったのですが、この時はエビフライに目が眩んでいました(食べればよかった)。

「秀丸」というお店に決めます。

意識していませんでしたが、食べログにも紹介されているようです。

大き目のエビフライが3匹入った「エビフライ定食」(1600円)を頼もうかと思いましたが、「特大エビフライ定食」(1650円)が目に入ったのでこちらにします。こちらのエビフライは2匹です。

さぁ、来ました。

確かに大きいかも。

でも味はイマイチ。

身より衣の存在感があり過ぎです。

普通のエビフライ定食を頼んだ人は美味しかったとのこと。

なんてこった、あっちにするんでした。

お店に入るときには気づきませんでしたが、ポップの裏に海女さんのマネキンが。

手が怖い。

特大エビフライは残念でしたが、他にもいろいろメニューがあっておもしろそうです。

貝盛り合わせ(1,350円)とか。

また来たいですね。

今回の旅行はこれでお終いです。

やっぱり、出掛けると楽しいですね。

見るのも食べるのも買い物するのも。

次回はクエ鍋に行きたいと思っています。

2月には台湾へ行くかもしれません。

以前話していた石垣島の話は流れました。

それでは、また。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする