スポンサーリンク

双眼鏡

スポンサーリンク

持尾展望台

大阪府南河内郡河南町持尾にある持尾展望台へは、たまに行きます。

展望台以外なにもありません。

自動販売機もありません。

眺望がいいので、たくさんではないけれど、訪れる人がいます。

すぐ横を走っている道はグリーンロードと呼ばれていて、自転車がよく走っています。

私も何回か走ったことがあります。

在りし日の自転車

ここはハルカスが見えません。

近場で出来るだけ広く大阪を見渡せるところを探していました。

持尾城跡へ

どこかいいところはないかとグーグルマップで見ていましたら、ここのすぐ上に持尾城跡というところがあるのに気付きました。

眺望も良いようです。

幸い今日はいい天気のようですから、行ってみることにしました。

R309より、右が金剛山、左が葛城山です。

持尾は岩橋山の手前にあるので、どんつきを左へ曲がります。

右が葛城山です。

左下に青いネットの構造物があります。

その上が岩橋山です。

岩橋山。送電線だらけです。

途中すっ飛ばして持尾城跡に到着です。

展望台に車を停めて、急な坂を歩いて来ましたから、少し汗をかきました。

早速双眼鏡を出して眺めます。

10倍のもの。撮影は自宅にて。

残念なことに、かなり霞んでいて遠くはよく見えません。

上の双眼鏡用の三脚アダプターがありませんので、この双眼鏡を使っての撮影はできませんでした。

Lumix GH4

見えにくいですが、左下にりんくうゲートタワービルが見えます。

空港連絡橋も見えますが、うっすらですね。

この後少し見えやすくなって、タワービルの左横にある観覧車や、離陸直後の飛行機も見えました。

Lumix GH4

ハルカスも見えます。

霞んでさえいなければ・・・。

上の2枚はフルサイズ換算で280mmです。

双眼鏡でいうなら大体6倍弱になるようです。

Papilio II 6.5×21 WF

Papilio II 6.5×21 WF + スマホ

6.5倍の双眼鏡で見たハルカス。

スマホで撮影しているので、小さく見えますね。

大きい小さいよりも、実際に双眼鏡を覗いてみるより色褪せて見えるのが残念で仕方ありません。もっと鮮やかなんですよ。

このPapilio II 6.5×21は最短50センチまで近寄って「マクロ観察」ができるのが売りで、博物館や美術館で使用する人が多いらしいです。

私は花や虫を見ています。

水滴の乗った葉っぱがありました。

スマホ

Papilio II 6.5×21 WF + スマホ

やはり色が・・・。

もう撮影は止めて、10倍の双眼鏡を堪能します。

エキスポシティの観覧車が見えます。

大阪ドームも、大阪湾をゆっくり進む船も。

梅田スカイビルも、上の方だけギリ見えますね。

下は手前のビルに隠れて見えません。

明石海峡大橋も霞んでさえいなければ見えるんですが。

神戸空港は視界に入っているはずですが、はっきりあそこだとは確認できませんでした。飛行機の離着陸が見えれば~。

飛行機、船、電車、車、ビルが見えれば「都市を見ている」感じがします。

ここはいい場所ですね。

今は冬ですから、木は繁っておらず良く見えますが、夏場は厳しいかもしれません。

今回は双眼鏡の魅力をお伝えできたらと書きましたが、ほとんど出来ませんでした。

一度覗いて頂けたら、文字通り「百聞は一見に如かず」なんですが。

ウットリできますよ。

ブログランキング参加しています!

押して頂けると励みになります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする